FC2ブログ

欅の一枚板

  • Day:2015.03.11 09:50
  • Cat:木工
飯田時代に何かとお世話になったり、お世話したりしていた先輩が秋に
青山高原のリンデンバウムに初めて来てくれた。

彼が奥さんのお兄さんと紹介してくれたのが津遊さんで奥様ともども
夫婦でおつき合い頂き教わる事が多かった。
最初にお会いしたのが先輩の家でその時は敦賀に転勤していた。
厚かましくも敦賀リゾートのヴィラを予約し押しかけた。
一夜干しした鰈などバーベキューでご馳走になった。
彼はその後定年を迎え憧れのログハウスを北欧から取り寄せ、
大工さんと一緒に京都府井手町のたくみの里に建てた。
リンデンもいずれはログハウスと憧れ夢を追った。

そんな縁でたくみの里のイベントにも欠かさず出店して参加していた。
昨年の秋のイベントに先輩夫婦やその義理の姉夫婦も参加していたこともあり、
ぜひ兄妹夫婦でお誘いし、3組、合計6名の青山訪問が実現した。

石窯で焼いたピザを食べてもらい、とって置きの焼酎など飲んでもらっていたら
ご機嫌になった先輩が使っていたIKEAのテーブルが今イチだとダメだししてきた。
彼は退職するまで飲食店のマネージャーとして働いていた。
それだけに什器類にはうるさい。自宅にあるケヤキの一枚板をやるという。
えっうそやろと思った。
ケヤキといえば栃、楢などと並び高値の花の材だ。
昔の酒屋の看板に漆黒の日本酒のロゴを書体で書き上げ緑で縁取りした
あの看板に使われる木だ。飲んだ勢いでとならないように証人を立て、
間髪入れずもらいに行く事にした。

大きさは長さが190cm、幅が狭い所で50cmから60cm程、厚みが6cmだった。
正式な食事をするテーブルにしては幅があと20cmほしいところ。
彼はウッドデッキでの屋外用にと言ったのでデッキがさほど広くないので
サイズ的にはぴったりだが重たく毎回出し入れする訳にもいかない。
当面は部屋の中で使うことにしよう。向かい合っての6人掛けが理想だが
このテーブルだと横並びで二人、端に二人で4名が限度かと思う。
普段使いにはこと欠かない。

重たい、40キロはあるだろうか。大人2人でないと持てない。
青山高原までは難なく運んだが一人では下ろせない。
管理事務所の古山さんにお願いして木工小屋まで二人で運んだ。
その後はひらすらサンダーとの戦い。
やっている途中で京都のカモログの事を思い出した。

前職の大名漬本舗の堺浜寺店をオープンさせる時に一枚板テーブルの
くつろぎスペースを作りたいと美山町のカモログに買い付けに行った。
予算的なこともあり20万円の栃を依頼し磨いてもらった後
配送便で送ってもらった。堺店は2年足らずで閉店、そのテーブルは今八尾店にある。
一枚板のあこがれは強く、そのテーブルにすわるために毎月買い物に来るお客さんもいた。
パイン材のつなぎならまだましなほうでベニヤをあんこにしたハリボテなど
安価なテーブルの多いことか。引っ越しが多い若い世代なら仕方ないが
ある程度年齢を重ねたら一枚板のテーブルが欲しいと思う。

カモログでは職人さんがヘッドフォンをしながら一枚板をサンダーでかけていた。
何か外国に来たような印象を受け、横で見ていてかっこいいと思った。
青山でも真似てみた。歌手が録音したりミキサーが視聴したりする時に使う
SONYのプロ用ヘッドフォンを持ち込みipadに入れたモダンジャズをガンガンに
鳴らしながら。
最初は紙ヤスリの100番、次に240番、最後に400番と徐々に細かくしながら
丸2日かけてピカピカに磨き上げた。
よくみると板を割いた時のノコの傷跡が一定間隔に走っている。これが
ケヤキや楢など硬い木でしかも乾燥していると中々消えない。
我ながら16時間も忍耐強くやったものだと思う。

2015-01.jpg

木目がくっきりと浮かび上がり全体に赤みを帯び、端は縮緬のような
和風の模様が出ている。見ていて飽きない。
保護のために最後に荏油で表面を塗った。この程度だと醤油をこぼしたり
するとシミが残る。また磨けばいいしシミや傷があるのも味のうちと思えばいい。

彼はこのテーブルを長年自宅に持ち続けた。
夢は居酒屋を開いた時の看板に使うというものだった。
還暦をすぎその夢も少し遠のいたのかも知れない。
リンデンバウムは飲食店ではないが、お客様を迎え入れている。
彼の夢を紡ぐためにも大切に使い続けたいと肝に銘じた。
スポンサーサイト



玄関座椅子・スツールが完成

  • Day:2013.02.28 20:00
  • Cat:木工
2月14日のバレンタインデーに始めたシン木工舎での木工教室。
3週目にして青山高原のヴィラ玄関に置く座椅子・スツールが
完成しました。(拍手パラパラ・・・)

こだわったのは天然木の楢材。
木目の美しさ、重量感といい最も好きな木です。
前職が奈良漬つながりだったからかも?

お手本は飛騨のオークビレッジ。
ここの製品はお値段が高いが作りがしっかりしていて
100年は使えます。

最初木組みでと願い出ましたが、初心者には無理といわれ
結局ビスどめになりました。

天部に6箇所、左右に4箇所の計10個のビスでとめています。
同じナラ材の余った部分でダボを作りビス穴を上から
埋めています。一目見てビスどめとはわかりません。

genkan-zaisu.jpg

材料費は8400円。手間賃を加えれば3万円近い品になりましたが
大満足の出来上がりです。

右の脚を見れば2枚の板を繋いで一枚にしているのがよくわかります。
このつなぎ目の段差を目地といいますが手でさわってひっかりが
なくなるまで根気よくサンダをかけます。最初は180番手、仕上げに
320番手を使い磨きました。ここで役立ったのが学生時代にしていた
麻雀です。盲パイ(もうぱい)と言って親指で麻雀パイの凹凸を見分け
目で見なくとも絵柄をあてる技です。
おかげで段差は皆無になりました。

仕上げは亜麻仁油を塗りました。最初バトンという塗料を薦められましたが
極力オークビレッジに似た質感に仕上げたいと思ったからです。
亜麻仁油は食用オイルとしても使われているほどですので
安全ですし香りもほとんどありません。

写真は一度塗りですので、さらに2回、3回と塗り重ねていきます。
数年すれば光で色合いの濃さも増していき良い味わいに
変わっていくというのも楽しみです。

ウレタンやニスを使っていないので小さいキズができますが
厚みが25mmあるのでサンダで磨きなおせば新品になります。

問題はこの中に入れ子にする薪入れ。
リンゴ箱やワイン箱のような四角い箱にしてキャスターをつけて・・・
と構想は決まっているのですが、材料費を見積もると
なんと22000円ときた。

即座にナラ材は諦めました。
さて材質をどう手当てするか。
現在思案中です。

板を繋ぐ不思議な技にブナが活躍

  • Day:2013.02.22 20:00
  • Cat:木工
偶然からシン木工舎の木工教室に通うことにしました。
去年の12月にままごとキッチンをカインズで習ったのが初めての経験。
思いのほかキッチンの評判がよく少しだけ鼻を高くしております。

雪のため当分青山高原へはいけないのでヒマを持て余しており、
リンデンもれやこれや作って欲しいという思いもあって即決となりました。

最初に思いついたのが青山高原ヴィラの玄関ドアを開けてすぐ右に置く
スツール。玄関ベンチでもあり女性群が靴を履くときに腰掛ける座椅子です。
大きさは横が60cm、奥行きが35cm、高さが42cmです。

木材は高級なナラ材をリクエストしました。25cm幅、厚みが3cm、長さが3mの板です。
原価は8400円もします。
ナラ材にこだわったのはどうせ作るなら本格的な物をという思いです。

最初の作業は凡そのサイズに墨付けして切り分けること。墨付けとはカットする
位置に印を入れることで鉛筆で書いても墨付けという木工用語です。

丸ノコでざっくりと切り分けます。その後電動カンナで側面の水平を出します。

その次に登場したのが写真のチップです。

buna-joint.jpg

先生はこれをビスケットと呼んでいました。ナラ材の幅は25cm、目的の座椅子の幅は35cmですので
2枚つなぎあわせて一枚の板を作るわけです。
ボンドだけでくっつく? そんなわけないわなわ、と思いつつもどうやるかは不明。
謎が解けました。

スイス製のラメロ社がつなぎ用に作ったのがこのチップとチップを差し込むための
穴あけ機。繋ぐ板の側面にチップが半分収まるスペースの穴を開けます。

その穴にボンドを流し込みチップをはめ込んでくっつけクランプで挟み込み
一日置けば一枚の板になります。

ここでのポイントは穴の位置をピッタリと併せること。水平を保つことの
2点。つなぎに目地が出来ると後々サンダーで磨くのに長時間を要します。

このチップの材質はブナです。純正品だと少し高いですが類似の商品は
ホームセンターなどで一枚10円ほどで売られています。類似品は規格が
アバウトなのでものによっては厚さにバラツキがあり入りにくかったり
もします。ラメロ社の工具は高く最も単純な機能のものでも8万円、
凝った品だと15万円ほどします。

模様のつなぎ目を一枚の板のように自然に見せるのが今後の課題になりそうです。

今回のナラの木目は揃っていていい材質だとほめてもらっています。
いうところのビギナーズラックということでしょう。



メナード青山リゾートの木工教室

  • Day:2012.12.22 10:00
  • Cat:木工
伊賀行きは先週で年内最終と決めていましたがイケアで
テーブルなど買ったので青山高原へ運ぶことにしました。

それだけではもったいないので2年前からしたいと思っていた
メナード青山リゾートの木工教室を受けることにしました。

年末のリゾートは訪れる人も少なく閑散としています。
10時のスタートにあわせて自宅を出ましたが青山の町から
リゾートまでの道が意外と時間をくい着いたのは5分前。

木工教室はドアプレートが1000円、ミニチュアやフォトフレームが
2000円、時計やマガジンラック、花車、額が3000円といくつもの
コースがあります。

小生が興味を持ったのはミニチュアというコースで大小さまざまな
枝を使ってギターやヴァイオリンを弾く人物を作っていくというもの。

材料を見て創造してオリジナルなものを作って下さいといわれたが
到底無理と思いウッドクラフトの講師である立川寛先生が作った
人形を真似して作るとスタート。胴体や顔、帽子、ギターなどの
パーツを選びながら何とか形にしていった。

aoyama-mokkouimini.jpg

足や腕は黒もじの枝の部分を見つけて剪定ばさみで慎重に切る。
グルーガンと呼ぶはんだごてのような機械でビニールを溶かし
これを接着剤にしていく。

最初デキシーランドジャズのトリオが目標だったが90分では
一人つくるのが精一杯。二人目はできないと判断し、
松ぼっくりに似た小さな木の実を使いうさぎさんを作った。

この材料はヤシャブシの実だそうで比較的痩せた土地にある
そうだ。残念ながら青山高原ではあまり見ないが、動物の
体に見立てた細工がかわいいので集めようと思っている。

時間までに出来た作品はこの2品。三角の板木に固定して
持ち帰ることにした。

リンデンバウム青山高原でも孫太朗始め子供たちが遊びに
来た時に暇しにようにとこのミニチュア作りを思いついた。
部品集めに少し時間がかかりそうだがぜひとも実現させたい。

糸鋸を使ったパズルにも興味があったので一時からの
教室も受けることにした。

何かのイベントで昔買っておいた秋田森林工芸館の糸鋸
パズル
に孫太朗が興味を示しだしてきた。
7.5cm角の中にきつねが木登りしている絵が切り抜かれている。
細かい細工でピンセットが必要になるパズルだがやると
楽しい。もう一年もしない間に出来るようになるだろう。

糸鋸を使うのは初めてなのでいい経験になった。
最初直線がうまくいかない。まっすぐに押しているつもりだが
右手に力が入りすぎてずれていく。

何度か練習している間に進むようにはなったが方向変換が
上手にできない。自分はどちらかと言うと手先は器用な
ほうだと思っているのに自信がなくなる。

多分切る木が25mmと厚かったのが原因ではなかろうか。
それと糸鋸の歯にも厚さがいろいろあるという。

エビと犬とワニの3つに分かれるパズルが何とか完成した。
リンデンは糸鋸の機械が欲しいと言っているが、
子供には怪我の心配もあるので当分糸鋸は先送りで
いいかと感じた。

こうして個人授業が無事終わり青山高原へと向かった。
メナード青山から高原までは40分かかるとナビが
言っている。