FC2ブログ

青山高原の風車群

リンデンバウムがある青山高原サニービラは国道165号線の
青山トンネルの手前を右折し県道512号線へ北へ上がった所にある。
標高は540m。ビラの敷地へは県道を右折するが直進すると三角点がある
青山高原の山頂やその先の風車がある景色へとつながっていく。

週末となるとツーリングで多くのバイクが登ってくる。
かれらの目的は右に左にとカーブが続く県道512号線(青山高原パークライン)で、
登ったらまた下ってとそのスピードとスリルを味わっているようで、
土曜日は夜遅くまでバイクの音が絶えない。

ここは昭和36年に近鉄が青山高原ハイキングセンターを開発したのを
皮切りにハイキングの人気コースとなり多くのハイカーで賑わったという。
昭和45年には室生赤目青山国定公園の指定を受け観光地としての人気が高まり、
またリゾートの開発機運が高まり陸上自衛隊久居駐屯地の部隊に三重県が
依頼して県道が開通した。その後延長され昭和50年に有料化されたが思うように
交通量が伸びず有料化を断念、昭和59年から無料になった。

DSC_0051.jpg

この県道512号線添いに建てられのが電力発電用の風車群、
青山ウインドファームだ。伊賀市や津市、風車製造会社のシーテックなどが出資した
第三セクターで20基の風車を運営している。風車で得た電力は
中部電力が買い取っている。

青山高原の山頂付近は笠取山と呼ばれており、琵琶湖から伊勢湾へ強い風が
吹き抜け、「かぶった笠も取られてしまう」という風の通り道だという。
年間の平均風速は約7mだそうだ。

近くには航空自衛隊笠取山分屯基地がある程度で別荘地以外に民家はないので
騒音の問題はクリアできる。県道512号のアクセスもあり三重県民も
4人に3人が賛成したという。

ひとつ残念なのは国定公園の中に風車が林立するという景観保護の問題。
自然の景観の中に突然高さ75m、直径50メートルもの風車が何基も現れると
正直びっくりする。会社側の説明では景観を壊さないように配慮して
国定公園にとけ込んでいると説明してはいるが。また別の専門家は
間隔が狭すぎて効率的に風をとらえていない。直径50mの風車だと
その3倍は離さないといけないとも指摘している。

青山高原の三角点から歩いてさらに一時間ほどかかるが
東海自然歩道も整備されておりハイキングかねて風車の真下まで
いくこともできその迫力には圧倒されるのでぜひ体験してほしい。

ただ福島の原子力発電の事故以来、より安全でクリーンな電力となると
太陽光発電か風車かということになり追い風も強いのも事実。
拡張計画もあり増やしていくそうで今よりもコンパクトな2000kwの
風車を22基建設中だという。
これは伊賀市の全世帯への電力供給分にあたるそうだ。
スポンサーサイト



待望のテレビアンテナ

週末田舎暮らしもこの秋で2年目を迎える。
私はそうでもないがリンデンはテレビが映らないのにいらだっている。
土曜日の人生の楽園が見れないのが一番残念だという。
将来人生の楽園に取材に来てもらう事が一つの目標になっているだけに
毎週欠かさずに見たいらしい。

リンデンバウムは山間に家が建っている関係で地デジの電波が
木々にじゃまされて届きにくい。晴れた日はまだましでNHK、
中部放送、CBCが入る。しかし雨が降ると移らなくなる。
地デジの電波は直線でくるので、葉っぱが動いたり光ったりするだけで
映ったり映らなくなったりするという。
ドラマなど肝心な所で見れなくなると「もうっ!」と怒る。

テレビは映って当たり前と思っていただけに
こういった難視聴のエリアがあるということに驚いた。
もちろんケーブルTVは採算がとれないといい引いていない。
インターネットは携帯の電波からのデザリングしかつながらない。

難視聴対策のBSアンテナ放送も来年で打ち切られると言われ
共同アンテナを引く事で管理事務所で話し合いが行われた。
が、かかる費用負担の多さに話は決裂した。

最後は、各家庭でアンテナを引く選択肢だけが残った。
現在3局が写るので高いアンテナ(地上から14m)を建てれば映りますと
業者に言われ、人生の楽園がどうしても見たいというリンデンの
希望を組み入れて工事をお願いした。

2014-07-25.jpg

北側の端に深さ2メートルの穴を機械で掘り、そこにクレーンで
電柱を建てた。その数日後アンテナを4本取り付け、4個のブースターを
配置してテレビに繋いだ。Eテレをのぞきほぼ映るようになった。
ただ立地上愛知方面の電波は拾うが名張方面(大阪方面)は無理だった。
サンテレの阪神戦やえみチャンネルなど関西だけの番組が見れないし、
CMも名古屋が中心なので違和感を覚える。

地デジ放送なのできれいかと思いきやブースターを通した後はHDML端子でなく
3Pのアナログ端子でテレビにつなぐという。近くで見ると粗いが離れれば
気にはならない。せっかくのご馳走を前にお預けをくらった感じか?
見れないよりもましかと仕方がないが諦めた。

それにしても施工業者が静岡からの日帰りだ。
片道3時間かかるという。
なるほどここは中部・東海地方の一部なんだということを痛切に感じさせられた。

青山高原山頂へハイキンGoo!

いつものように小屋を作ったり階段を作ったりと計画はしていたが、
あまりにも快晴で風もなく絶好の行楽日和だったので、
急遽ハイキングに行く事にした。

時々道に迷って我が家を訪ねてくるハイカーに道案内しては
いるものの、自分自身では一度も歩いて登ったことがなかったので
案内に間違いがないか気になっていたこともあった。
缶ビールやワイン、チーズやピスタチオを携えて出発した。

青山高原サニーヴィラの管理事務所の横を通り、プール横の
焼却炉で左に曲がる。直進すること約400mで右側の階段を登る。
舗装道路に出てさらに500m進むと整備された階段が見えて来る。
この階段を上り詰めれば青山高原の山頂、三角点に通じる県道に出る。

ところがこの傾斜がすごい。
体感的には45度は優に超え60度近くあるようにも思う。
DSC_0030.jpg

まさに心臓破りの急勾配、途中3回程休憩しながら深呼する。
汗だくでハアハア息継ぎながらやっと登りきった。

ベンチに腰掛け久居方面を眼下に眺めながらのビールで休息をとる。
吹き上げて来る冷ややかな風が心地いい。

元気を取り戻した所で風車まで行ってみようと思い立った。
家族で一度だけ車で行った事がある。近かったはずだが歩くと意外に遠い。
結局一時間近く歩いてやっとたどり着いた。

県道から遊歩道へ入り込むと整備された歩道添いにつつじが
咲いておりとてもきれいだ。
すると突然目の前に風車が現れる。
ほぼ真下から見上げる風車の羽はとても大きい、迫力満点だ。
風を切る音が聞こえ、時々ガタンという大きな音にも驚かされる。

写真を撮っていると面白いアングルに気がついた。
昔バスガイドさんが、煙突が立ち並ぶ場所で煙突が一列に並び一本しか
見えない場所がここだと説明されたことを思い出した。

本当は4本ある風車がまるで2本しかないように見えるアングルを見つけた。
それがこの写真。

DSC_0058.jpg

今度友人が来たら教えてあげよう。
あるいは珍百景に登録なるか?

帰りは下りなので1時間強で自宅へ戻って来た。
歩数を見ると15000歩とあった。
来週は百貨店のマネキン立ちがあるのでそのための準備運動も兼ねての
ハイキングだったが作業靴で行ったのが失敗、翌日筋肉痛でスネが痛む。

父の日に息子にハイキングシューズを買ってもらったらとリンデンに言われた。
昨年の誕生日も欲しいものがないとキャリーオーバーしているので
合わせ技一本で買ってもらう事にしよう。

ちちんぷいぷい石田さん来訪

こんなに早く実現するとは・・・
5月2日に携帯に電話が入った。
「娯楽談話室のイッシャラくんが青山高原に行きたいと言っているので、
直接話して」と。普段から親しくしている津遊の奥さんからだった。
京都府井手町のたくみ里のイベントで数回歌を聴き、青山高原の
イベントにぜひと声がけしていたのを覚えていてくれた。
毎年5月4日にあるサニーヴィラの津軽三味線のコンサートを
下見がてらギターを持って来るという。

蜂の巣をつついたような騒ぎになった。
ウッドデッキの日よけオーニングをつけたり、バーベキューの準備を
したりと大騒ぎ。当初石原ご夫婦だけと聞いていた。
当日お昼過ぎに彼らはやってきた。管理事務所の駐車場へ迎えに行くと
なんと石田英司さんが来ているではありませんか。
すっかり舞い上がって遠い所迄ようこそというのが精一杯。

いったんギターや荷物を我が家に置いてから歩いてコンサート会場へ向かった。
石田英司が来たと会場では早くも「ちちんぷいぷい」という言葉が
そこかしこで聞こえ、ざわつきだした。アンコールも終え責任者を
彼らに紹介して我が家に戻った。

昼も過ぎていたのでバーベキューサイトで食事を差し上げた。
石田さんはアルコール大好きでなんでも飲むという。ビール、
ワインにそして取って置きの兼八の原酒をロックで差し上げた。
普段からも兼八は飲んでいると言い、原酒を見るのは初めてだと喜んでくれた。

数組の観客が集まりだしたところでコンサートが始まった。持ち歌を数曲披露し、
あとは観客からのリクエストで進んだ。途中5月生まれの人に歌のプレゼント
コーナーがあり孫太朗がステージに登場し場を盛り上げた。
コンサートは1時間半ほどで終え、その後は我が家で打ち上げが始まった。
孫のウノのカードにつき合ってくれたり、ギターの弾き語りをしたりで
和み、8時過ぎに帰って行った。

20140504


デッキで歌い、東屋で観客が聞く。デッキが高く東屋が低いのでちょうど
いい感じで見る事ができる。
一度はこういったライブをやってみたいと思っていた。
まさかこんなに早く実現するとは思っても見なかった。

来年も早めに企画して本格ピザとワインやコーヒーに舌鼓を
打ちながら、彼らの歌を聴くというイベントを実現したいものだ。

始めてのLEDライト

青山高原リンデンバームは、ロフトになっているので暖気を
下へさげるためのファンがついたライトが天井に取り付けられている。
高さは4mほどあり、普通の脚立では届かない。

リンデンがネットで調べて高枝ハサミのような取り付け用具を
探してきたが3000円近くする。

これを機会にLEDライトに切り替えようという。
LEDだと40000時間長持ちするので週末利用だけだと30年近く
持ちつことになる。となると用具を使うのも一度きりになってしまい、
これももったいないことになる。

結局管理事務所に相談することにした。やはり同じような依頼が
あるようで高い脚立があるし、素人だと危険なので慣れた方が
取り付けてくれることになった。

電球を買いに行くと一個1000円のものから4000円までと種類が
多くどれを買えばいいのか判断がつかない。
量販店の売り場の人に説明を聞くことにした。

大きく分けて金具の形状で2種類、ワット数で3種類、色のタイプで
2種類あるらしい。

欲しいのは60W並の明るさ、電球色と決めていたのでメーカー違いで
6種類に絞られた。それでもパナソニックでも2000円から4000円と
開きがある。新製品ほど値段が高いという。理由は電球部分の面積が
大きいほど高いらしい。古いタイプだと半分しか光る部分がないといい、
電球の傘の上部や天井部分が暗くなるという。

DSC_0080.jpg

青山のロフトは天井が高いので天井部分の明かりは犠牲にしてもいいと判断し、
振興勢力のアイリスオオヤマの型番落ち特売品を買うことにした。
それでも一個1000円し、6個必要なので6000円の出費となった。
手が届きにくいというハンディーからLEDにしたが結構高くついた。

それにしても納得いくまで徹底して聞くというリンデンの
スタイルには敬服する。しっかりやさんだ。