FC2ブログ

ジャズ喫茶のマッチ

  • Day:2015.01.15 12:21
  • Cat:音楽
リンデンが写真を整理したらといい数冊のフリーアルバムを引っ張りだしてきた。
懐かしい写真を眺めていると最後の一冊はマッチのファイルだった。
自分でもすっかり忘れていたジャズ喫茶のマッチだ。

ジャズ喫茶のマッチ

大学一年の時に放送研究会に入り江頭氏の影響を受けてジャズを聴くようになった。
最初にいいと思ったのは「クールス・トッラッティン」だった。それからは
レコードの蒐集に凝り学生時代に300枚のLPレコードが集まった。

学生時代を4年間過ごした佐世保には米軍の基地があった。米兵相手の
商売もありいかがわしいネオン街もあった。そんな一角にジャズ喫茶
「ダウンビート」があり時々出入りしていた。外人も多く中には
ウインストンという煙草を指が焦げるんじゃないかと心配するほど
短くなるまで吸っていた黒人もいた。彼にヘイ、ボーイと呼ばれ
煙草をもらったこともある。

大学の夏休みには東京の姉達を頼り建築工場のアルバイトをして小遣いを稼ぎ
そのお金で新宿や渋谷、吉祥寺の名だたるジャズ喫茶に入り浸った。
姉の一人の和美さんは美容師だったがこの人がしゃれていた。
郷里の日田に帰ってくる時も月餅という中華菓子や茶葉と専用の紅茶ポットなどを
土産にする人だった。ジャズも好きと言いグレンミラーなどのレコードを
持っていた。彼女の練馬の家に宿泊し吉祥寺までバスで通ったりもした。
大阪にも姉がいてその当時は尼崎に住んでいたのでここから京都に通った。
「20歳の原点」の著者高野悦子が通った「しあんくれーる」にいったりもした。

飯田に就職した最初の年は、小売りのやまとに配属された。寮は奈良市の
学園前にありジャズが好きだという話から黒田先輩と同期の島田の3人で
たびたび京都にいった。島田は大学が京都だったのでジャズ喫茶インパクトで
アルバイトしていたといいマスターとも親しく彼からライブのチケットを
買いソニーロリンズなどのライブにもいった。彼にもいろいろ影響を受けた。

初のボーナスで買う事になったアンプを指定したのも島田で、管球式の
ラックスマンだった。奈良から電気街の日本橋に買いに行った。
黒田先輩も一緒で20キロ近いアンプを三人代わりばんこに近鉄電車で
持ち帰った。

店にいったらジャズ喫茶のマッチを必ずもらって帰る事にしていた。
一時は下宿先の壁に押しピンで差込みパネルのように飾っていた。

社会人になり引っ越す時にこれはというマッチだけをアルバムにしたようだ。
自分でもすっかり忘れていた「青春の思い出」。
今回をこれを機会にすべて捨てる事にした。
思い出深い4軒のマッチだけはスキャンしてデータで残す事にした。
スポンサーサイト



10円玉ほどのSDカードに1600曲

  • Day:2014.01.03 11:27
  • Cat:音楽
目標二万曲。
大学生の頃から集めだしたレコードが400枚を超え、
その後はCDを買い集め、最近ではレンタルで借りまくって
集めた楽曲がある日一万曲を超え、昨年末で19109曲になった。
2013年に20,000曲を超えたかったが少し届かなかった。
最近は車での移動が主になったので、定年までの電車通勤時に
ipodで聞くことも出来なくなった。

自宅でも車でも良く聞くのはFMこころ。
かかる曲が若い頃に流行ったフォークだったり、
洋楽ポップスだったりするので懐かしく構えなくていい。

ただCMが入るのでいただけない。それもカニの通販だったりカツラの
CMだったりと同じCMが何回も入るとラジオを消してCDに切り替える。

といっても同じCDを何回となく聞くのもすぐに飽きてくるし、
高速でCDの入れ替え作業は大変危険だ。

青山高原のBGMや料理教室での食事中のBGMなどを編集するのに
使いだしたのがitunes。

結局二万曲近い楽曲だと100GBを超えてしまったので最大64GBのipad2にも収まりきれない。
その内 Windows7 もいっぱいになり定年を機に imacを増設した。

同じ頃に青山高原に通うためにダイハツのムーブを買った。
その時にもナビにipadをつなぎたいと申し出たがipadが作動する純正品はないと断られた。
なかばあきらめていたら何とSDカードで音楽が聴けることに一年たって気がついた。

ムーブで作動するSDHCカードは最大32GB。早速ポイントを集めている
ジョーシンで買う事にした。

sd.jpg

ファイルの保存形式にもよるが32GBは、MPEG形式で4分の曲が
8000曲コピーできるとある。
CDから取り込んだ楽曲はACCオーディオファイルが多いし中には
6分など長い曲もあるので実際は最大2500曲ほどになる。

同じ32GBでもclassが何種類かあって価格も異なる。
imacではclass10が作動すると確認したのでそれを購入。
コピー時間は20分弱なので何か他の作業をしていたらその内に終わっている。

何を聞くかで迷った。今分類しているプレイリストは、ジャズはモダンと女性ボーカル、
女性ポップスは日本と海外、それにクラシック。
女性ジャズボーカルはここ一年程夜寝る時に聞き流している。

仕事や青山高原の移動中に聞くので今回は洋楽にした。Adele,
Amy Winehouse.Mariah carey,Taylor Swiftなど、全部で1600曲となった。
テンションがあがるテンポアップな曲を中心に選んだ。
アルバム毎に順番で再生もできるしランダムに再生もできる。
一日8時間流し続けても同じ曲は2週間後しか流れてこない。

正月明けからの営業に一つ楽しみが増えた。

娯楽談話室とたくみの里

  • Day:2012.11.11 21:00
  • Cat:音楽
受験勉強をしながらのラジオの深夜放送に耳を傾ける。
そんな時に衝撃を受けたのが、帰って来たヨッパライだった。
アニメチックな声とおらは死んじまっただあという歌詞に
驚いたし喜びもした。数々のフォークソングが生まれ
ヒットを飛ばして行った。

小生が高校から大学を過ごした時代だった。
そんな懐かしいフォークソングを弾き語りしてくれるのが
娯楽談話室という名のバンドで、ヴォーカルはイッシャラくん。
伸び伸びと声の高音域は井上陽水を思わせるし、
時々吉田拓郎をも髣髴とさせる。
娯楽談話室たくみの里秋祭り2012年

2012年11月11日に京都府井手町のたくみの里での一枚。
あいにくの朝から雨模様だったが、たくさんの人たちが
イベントに来てくれた。
講演のため遅れてきた毎日放送の石田映一さんの姿も。

青春時代 森田公一とトップギャラン、
風 はしだのりひことショーベルト
今はもうだれも アリス
いちご白書をもう一度 ばんばひろふみ
あの素晴らしい愛をもう一度 フォーククルセイダーズ
西岡たかし 上野市(うえのまち)

などなど。途中休憩しながらも4時間ちかく歌い続けてくれた。
実は5月にも来てくれていたがその時は、歌詞カードに
手書きでコードが赤ペンで書かれていた。

今回はそれがIpadに自炊されていた。曲名の見出しがついているので
素早く楽譜が開ける。

突然のリクエストにも答えようという考えだ。なるほどこんな
使い方も出来るんだと勉強になった。

阿山高原サニーヴィラは、毎年5月4日に同じような音楽のイベントを
行っている。叶うことならぜひそこに娯楽談話室を呼んできたい。
一時間あまりコンサートをしてもらって、その後リンデンバームへ
場所移動して打ち上げを兼ねてデッキで歌ってもらおう。
聴衆は東屋を中心に場所を設営しよう。

ぜひ実現させようと思っている。


赤ワインとジャズボーカルで熟睡

  • Day:2012.08.24 21:00
  • Cat:音楽
小生が唯一ポッドキャストで聞くのがサントリーの
アヴァンティという番組。
様々なゲストがバー・アヴァンティにやってきて話を
していくというもの。

先日の放送では、埼玉医科大学の和合治久教授が睡眠に
ついて話をした内容に同感した。

枕元に音楽を用意して聴きながら眠ると熟睡できるという
話で、教授はモーツァルトの曲を研究して、「モーツァルトを
聴けば病気にならない」モーツァルトを聴けば免疫力が高まる」と
いったCD付きの本を出版している。

モーツァルトがおすすめな理由は、和音が豊富で倍音効果がある、
高周波音とゆらぎ音で副交感神経に作用してリラックスする、
脳でセロトニン物質が出て睡眠に効果があるメラトニンに変わる、
という根拠。

市販の睡眠剤などに頼らずに寝る前に30分でもモーツァルトを
聴けばすっきりとした朝が迎えられるという。

赤ワインにも似たような効果があり、メラトニンが含まれるので
ナイトキャップにいいという。

ipad ジャズボーカルウーマン

小生はもっぱら女性ジャズボーカルを聞きながら寝ることを
習慣にしている。アマンダ・ブレッカー、エミー・ワインハウス、
アネケイ、ダイアナ・カール、ハリー・ローレン、ホリー・コール、
ニッキー・パレットなど最近のボーカルを集めipadでシャッフル
して流すようにしている。

コレクションも1000曲近くなっているので同じ曲が繰り返される
こともなく鳴り続けてくれるので有り難い。

レコードの時代だと針が擦り減りそうでおちおち寝てもいられない。
いい時代に生きたと喜んでいる。

イヴォンヌ・ウォルターが歌うコルトレーンのballads

  • Day:2012.08.22 22:00
  • Cat:音楽
2年程前にネットで知った女性ジャズボーカルのCDを
レンタルショップのツタヤでずっと探していた。
新譜落ちしてもレンタルに廻ってこなかったので、
久しぶりにCDをアマゾンで買うことにした。

タイトルは、「バラード」
ジョンコルトレーンのバラードをカバーしたものだ。

オランダから、女性ジャズ・シンガーのイヴォンヌ・ウォルター
(Yvonne Walter)が登場!
2009年6月24日に発売されるアルバム『
アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー
~シングス・ザ・コルトレーン・バラッズ』にて日本デビュー。

今作は彼女が一番影響を受けたという、ジャズの歴史に燦然と
輝くジョン・コルトレーンの名作『バラード』を、
ヴォーカル・アルバムとしてよみがえらせた1枚。

イヴォンヌ・ウォルターとコルトレーンのバラード

晩年のアン・バートンを支えたピアニストの
ロブ・ヴァン・クリーヴェルドらをバックに、
シックでアダルトなアルバムに仕上がっています。

コルトレーンの死から42年を経て、ヴォーカル・
アルバムとしてよみがえる名盤『バラード』。
ジャズ・ファンならばおさえておきたい注目の作品です!
(6月9日15時14分配信 CDジャーナル)

イヴォンヌはハスキーな声ではないが、ややドスのきいた
アルトの太い声で味わいがある。
歌い方はかなり個性的で好き嫌いがはっきりわかれるところだ。

彼女のCDをipad に入れて持ち運び何度か聴いた。
原曲のイメージと違うので改めてコルトレーンの「バラード」
をipad に同期し聞き比べてみた。

コルトレーンのテナーサックスはメロディーを忠実に奏でて
おり、ボーカル以上に謳っている。コートにすみれなど
この種のバラードは大好きだが、この後コルトレーンは
前衛的なジャズに倒錯していくことになる。

イボンヌの個性的な歌い方は、舞台で女優がセリフを
しゃべるように語りかけながら歌うという特長がある。
ジュリエットグレコの枯葉の歌いだしと良く似ている。

ワインハウスと並び聴くほどに味わい深くなるイヴォンヌが
加わったことでコレクションに深みが増した。