FC2ブログ

器がビックリ、べねの蒸しスパゲッティ。

Q'Sモールの北側、道一つ隔てた所に「あべのnini」が
2012年2月に開業、その1階の路面に面した所にオープンしたのが
べね・スパゲティ。

蒸しパスタなる言葉に惹かれてオープン前に店内を覗いていたら、
お店の人にフォカッチャ(イタリアのパン)とチラシを渡され
ご利用下さいと言われたのが最初。

すぐ目の前がいきつけの名門酒場なので客の入りの少なさを
気にしながらも晩御飯前にパスタは食べられないよなと思いつつ
中々食べるチャンスがなかった。

小生の定年の送別会を昔企画本部にいてた数人がやってくれるという
のでどこか希望の店はないかと訪ねられ最初に思いついたのが
このべねだった。
とはいえ一度も利用したことがないのに、口が肥えたメンバーに
ブーイングされないか心配だったので蒸しスパを食べてみることにした。

頼んだのは、海鮮の蒸しスパで料金は1680円。パスタにしてはチト
高いと思ったがおいしいだろうと期待して待つことに。

その間にメニューを見てグラスワインを注文。エビスビールから
始まりワインもほとんどがサッポロビールの商品だった。
ひと昔前の空っぽの小さいワイングラスが差し出され、そこに
店員さんがイタリアのサンジョベーゼのマグナム瓶から
表面張力が出きるぐらい注ぐ。エッ、地酒の枡グラス売りじゃ
あるまいしこのワインの提供の仕方はあかんやろと思う。
案の定香りは立ちにくいし飲みにくいし・・・

べねスパゲッティ今城焼の土鍋
べねスパゲッティ下にはスープが
べねスパゲッティ チーズをおろしながらかけてくれる

5分ほどすると特製の大きな木の枠に収まったタージン鍋のような
伊賀の土鍋のような陶器に入ったパスタらしきものが運ばれてきた。
タイマーが時を刻んでいる。5分たったら食べ頃、その時に蓋を
開けに来ますと。待たせて期待感を膨らませようとする演出だろう。

蓋を開けると半月状の陶製のすのこにパスタと海鮮とかが
分かれて乗せてある。それを広げると下にスープが
覗いている。麺をスープに落とし込み混ぜながら食べる、
スープスパゲッティのようだ。

開いた朝顔のような形をした特殊な土鍋で
製造元は尋ねると、大阪は高槻の今城焼きだという。
形状こそ違うが伊賀の長谷陶苑の蒸し鍋を
髣髴とさせる。

店員さんがチーズをおろし器で削りながらふりかけてくれる。
イタリア産のグラナダ・パダーノというチーズでパルミジャーノ・
レッジャーノほどの厳格な格付けはないが、同じように
使われている硬質のチーズだ。銘柄は不明だが食べなれた
レッジャーノほどの強い香りは感じられなかった。

黒胡椒かけますか?と聞かれたが、スープの味を確認したく
断った。黒胡椒の香りは強烈ですべてがその味になってしまう。

スープはトマトでもクリームでもなく、とんこつのような色合いの
アンチョビとにんにくをきかせたものだった。

時々蒸しあがった海老やムール貝、あさり、鯛の切り身などを
パスタに絡めて食べる趣向のようだ。最初木製のフォークで
食べるがパスタがつかみにくい。箸はないかときくと
あったがこれも中華のような角箸でつかみにくい。
割り箸もあると言っていたが角箸とフォーク、それにスープを掬う
小さなお玉で何とか食べきった。利休箸や吉野杉の割り箸など
麺でもすべりにくい箸の提供が必須だろう。

おおかた食べ終わる頃のパンを戴いた、オリーブオイルをつけて
召し上がってといわれたのでそうしたが、このオイルも普段の
フラスコーレより香りが弱かった。

パンとパスタでお腹はいっぱい、満足した食事で代金は2100円ほど。
下見だと話をすると会合の目的を聞かれたので、誕生会だと言ったら
アコーディオンを弾いてハッピーバースデイを歌ってくれるという。
これも楽しいだろうなと決め手なった。

10月の送別会はここに決めた。
最初からパスタやリゾットを頼むとワインが飲めなくなるので、
オードブル(前菜盛合わせ)とパン、辛口のスパークリングで
乾杯し、途中モンタルチーノの赤ワインを、一時間ほどしたら
パスタを二人で一人前オーダーし、食べ終えたらリゾットを
二人で一人前オーダーする。パスタにはシャルドネをあわせよう。

ワイングラスが小さすぎるので先日ダイソーで買ったステムレスの
赤ワイン用を持ち込み、吉野杉の割り箸も持っていくことにした。
当日が楽しみだ。
スポンサーサイト



小粒でシャキシャキ、鳥取の砂丘らっきょう

  • Day:2012.09.27 20:00
  • Cat:料理
食通の間では知られていますが鳥取の砂丘らっきょうと並び
評価が高いのが徳島県の鳴門のらっきょう。
ここはさつまいもの有名な銘柄なると金時が摂れるところで
砂地を利用した畑が広がっています。

そこで収穫されるらっきょうは一部が地元で販売され、大半は
東京方面へ出荷されているそう。一時大名漬本舗でも奈良漬の
工場が徳島県にあることからなるとのらっきょうを商品化と
小生が言い出し農家から原料を仕入れしました。

あいにく雨の多いときでらっきょうに小さな砂が入り込み
選別すると半分しか使えないという状況で一年限りで
販売は中止となってしまいました。

昔から取引があった鳥取食品とはらっきょうやイカの麹漬け
などで親交があり原料不足の年も優先的にまわしてもらったりで
永年販売してきました。

鳥取の砂丘らっきょう

らっきょうといえば福神漬と並びカレーの付け合わせとして
欠かせないものです。大名漬本舗では、鹿児島県横川町の
婦人会が作る無着色の福神漬と一緒に販売していました。

日本最大規模を誇る「鳥取砂丘」。 その砂丘の砂地を利用して
大正時代から始まったらっきょうの栽培。

気候、風土、土壌など栽培に最適な砂丘で取れるらっきょうは、
色が白く、肉質がしっかり詰まっており、繊維が細かいため
シャキシャキした歯切れには定評があります。

らっきょうに含まれるポリフェノールやサポニンなどが血液を
サラサラにし、食物繊維はコレステロールの低下、ラッキョウフルクタンは
カルシウムの「吸収を促進するといわれています。

カレーライスのお漬物としてはもちろん、お酒やビールのヘルシーな
おつまみとしてもおすすめです。
残った漬け酢は飲んだりお料理に使うととってもヘルシー!

有機無農薬の宇治茶童仙房茶舗

  • Day:2012.09.26 22:00
  • Cat:料理
酒・食品のバイヤーとしてすでに20年以上この仕事に
たずさわってきました。食博などの展示会へ足を運び
商品を発掘したり普段でも道の駅があれば必ず立ち寄って
珍しい品がないかチェックするなんてことを繰り返しています。

今回ご紹介する童仙房のお茶も京都府木津町の八色にぎわい市場
偶然見つけました。10年近く奈良吉野の嘉兵衛本舗のほうじ茶を
販売してきました。皆さんからもレビューでその良さを褒めて
いただいていますが、私自信少し後ろめたい気持ちがあったのが
減農薬とはきいていましたが無農薬ではなかったことです。

高温多湿な日本で「無農薬なんてありえない」たいていの
農家がそういいきります。ましてや農業で生計を立てるとなると
農薬や化学肥料に頼らざるを得ない状況というのも理解はできます。

私事ですがこの5月でおじいちゃんになりました。
そうです初孫が生まれてのです。嫁は煙草は吸っていたし、
お酒も飲めるほうだったので、妊娠がわかるや否や好きな
コーヒーまでも控えなければならいとなった時はずいぶん
寂しい思いをしたことでしょう。

当然飲むものにも気を使いカフェインのないほうじ茶を
飲んでいます。授乳期もそれが続くわけですから大方一年間は
辛抱し続けなければなりません。母親が口にしたものがそのまま
子供に伝わるわけですから無農薬で安心なものをと思うのは
無理ありません。


そういったお茶がないのかと探していたところでしたので
童仙房のお茶を一目見た時からすっかり気に入ってしまいました。
クラフト調の質素な外装と和風のシンプルなラベルデザイン、
華美なデザインの中で地味ではありますがこれぞ本物といった
オーラを出していました。

ほうじ茶を買い求め早速自宅で飲んでみました。
香りといい、味といいすばらしいものでした。
有機だから味は少々落ちても仕方ないかと甘くなりがちですが、
そんなことは微塵もありません。
裏ラベルから代表者の布施田雅浩氏を探し電話で販売したい
旨の話をしましたが、一度会ってからとお茶の仕事が一段落する
秋にお会いすることを約束しました。

奈良と京都を結ぶ国道24号線を木津で国道163号線を東伊賀方面へ
車で30分ほど走ったところが宇治茶の産地の一つ南山城村です。
童仙房は国道から北へ山道を20分ほど上りつめた所にあります。
離合もできない狭い道をひたすら登っていくわけですので、
こんな所に茶畑があるのか、人が住んでいるのかと段々不安にかられます。

携帯で場所を確認しようにも圏外。やっとのことで童仙房茶舗にたどり
着きました。標高は500m、周辺は深い山に囲まれており住宅もない
辺鄙なところだからこそ、なしえた無農薬栽培なんだということを
身をもって知らされました。

今回の訪問は収穫や加工の時期ではなかったので取材はできませんでした。
来年の春に訪問することを約束して帰路につきました。

宇治茶は、全国の茶の生産量のうち、わずか4%しかないという貴重品です。
そのなかでも、とりわけ品質の高い宇治茶の産地として知られる童仙房は、
京都府東南端の相楽郡南山城村の北部、標高500mの山あいの高原地区です。
童仙房茶舗有機無農薬のお茶 童仙房茶舗ほうじ茶
は福井藩の武士だった先祖が、同地に入植して以来続けている
茶農家で、現在7代目の布施田雅浩さんが茶畑を守り続けています。

童仙房茶舗は、有機栽培茶作り30年有機栽培へのきっかけは6代目当主
吉延氏が、散布した農薬を吸い込んだことから体調を崩し、
「農薬や化学肥料を使ったお茶を売っていてはダメだ」と有機
無農薬農業に踏み出しました。

今から30年近く前の話で、その当事宇治茶で有機栽培を始めた
先駆けとなりました。当時有機無農薬で農業を行なっている農家は
ごくわずかで、周りからはなかなか理解を得られませんでしたが、
最近では有機栽培を行う仲間も増え、何よりも童仙房本舗の
お茶でないと・・・と買い求めて下さるお客様も増え
感謝しております、と店主。

童仙房茶舗のお茶は、「宇治茶」100%
現在、宇治茶と名乗れるのは宇治の産地のお茶が半分以上
含まれること。ですので、他産地のお茶とブレンドされたものも
あるようです。童仙房茶舗は正真正銘宇治茶100%です。

目指すのは自然と共存する農業

童仙房茶舗は、効率を優先するのではなく、自然と共存する
農業を追及していくことです。お茶は800年以上昔に中国より伝来し、
以来戦前までは有機無農薬栽培があたり前でした。ここ60年程で農薬や
化学肥料を使用するようになり今の様なお茶が一般的に普及しています。
童仙房茶舗では特別な事をしているわけではなく、あえて昔の
やり方に戻す事でお茶本来の姿を追求すると共に、農薬や化学肥料に
汚染されていく大地を生産者レベルから守っていこうとしているのです。

有機JAS認定とは・・・
2000年、日本農林規格 (JAS) が改正され、農産物について有機農産物
またはそれに類似した表示をするためには、農林水産省の登録を受けた
第三者機関(登録認証機関)の認証による有機JASの格付け審査に
合格することが必要となりました。
童仙房茶舗は正式に認定を受けた茶舗です。

かもんわあるどの花咲かりんとう

  • Day:2012.09.26 21:00
  • Cat:料理
井手町の匠の里の帰りに時々立ち寄る、京都・木津の野菜直売所
八色にぎわい市場 」で見つけた品が、童仙房の有機茶と
和歌山市谷農園のつぶれ南高梅のしそ梅の二品。

いまは定年を間近に控え商材探しは止めたが、気なる商品が
並んでいた。花咲かりんという商品名で、米粉を使って花びらの
形にくり抜いたかりんとうらしい。
5個入りで380円なのでそう高くもない。
製造元が伊賀市というのも気にかかった。

自宅に持ち帰り撮影することに。

かもんわあるど 花咲かりん

さっそく食べてみた。
パリパリとしておいしいが油が気になる。私の年代では1個は
食べきれない。子を持つ親としてもこれだけの油分が
含まれるなら与えがたいと思うだろう。

製法は予想だがこの複雑な形をした抜き型に練った米粉を
入れて型抜きし油で揚げているのでろう。

第一印象で最初は買うだろうが果たしてリピーターがつくかが
疑問だ。

リンデンならどうするか聞いてみたいところだ。
全体を小さくするか、花びらの枚数を少なくするか、
何れにしても油が触れる表面積を小さくする方がよさそうだ。

あるいはもっとサッパリとした米油で揚げるとか?

壊れやすい商品だけに、宅配は受け付けていない。
店舗の販売だけのようだ。

製造元はかもんわあるど株式会社といい、
黒にんにくの製造元でもある。

三重県伊賀市小田町598-3

石窯ドーム作りを再開

  • Day:2012.09.23 21:00
  • Cat:石窯
石窯作りも中盤に差し掛かった。
薪ストーブの炉台作りを優先したので石窯の
作業は一ヶ月ぶりとなった。

今日は深夜から降り続く雨がやみそうにもない。
仮設のブルーシートに水が溜まって大きな
コブができたようになっている。
そこから所々雨漏れがしている。

その下で石窯のドームを組んでいくことにした。
最初に板を切り10本のくさびを作った。それを
レンガの間に挟みこんでドームの屋根ができるか
テストしてみた。
石窯ドーム部分のレンガ積みテスト

7段積めばドーム型になると確信し
2段目から積み始めた。レンガはダイヤモンドカットで
2つに切ってから積む事にした。ネットではレンガ一個を
そのまま横に使って組んでいる人もいたが、レンガと
レンガの隙間が大きく開き丸みにかけるので手間だが
半分に切ることにした。

レンガの傾斜はレンガを7mmほどに薄く切ったものを
敷き強度を持たせた。耐火モルタルをてんこ盛りにし
レンガを押し付けるとはみ出してくる。レンガとレンガの
横の空いた部分にもレンガを細かく砕いた塊を入れていき
モルタルの節約に努めた。

午前中に2段目が完成し、昼からはリンデンも加わり
ペースがアップ。3段目、4段目ともくもくとモルタルを
練ってはレンガに貼り付けてから積み上げといく。
この繰り返しの作業で4時前には4段目が完成した。

ここで半分にカットしたレンガを使い終えたので作業は
中止し、5段目は次回に持ち越すことにした。

中古の耐火レンガを使っていることもあり、石窯の内側を
揃えると、外が微妙に長さが異なっているのが気になると
リンデンが言っていた。

外見も良いに越したことはないが、石窯の熱の対流を
考えると内側が整然と並ぶことが優先だと意見を
取り入れなかった。

5段目から傾斜もきつくなり天部は台形のレンガが必要となってくる。
また扉部分との接合や煙突の取り付けなど課題も多い。
あと40時間ほどで石窯は完成しそうなところまできている。

11月3-4日の連休で石窯のお披露目会をしたいとリンデンは
言っている。10月の2回の連休で完成させたいものだ。

待望の薪ストーブがやってきた。

今日は薪ストーブの設置日。9時にアーキネット
来るというので8時半すぎに青山高原サニーヴィラの
管理事務所に着くが、すでに待ってくれていた。

予想していたより大掛かりで車4台、5名のスタッフで来た。
屋根に上るための長い梯子や足場を組む鉄のパイプ、それに
薪ストーブ本体や煙突など積んできた。

足場を組んでいる間に屋根の開口作業が始まった。
壁から40cmを煙突の中心にし、そこへ室内から
屋根に釘を打ち込み屋根の中心を決める。

25cm角の開口部を作りそこにケイカル板を打ち付けた。
屋根からの煙突の位置を決め固定したら天井は、
黒の鉄板で煙突を覆った。屋根の上はバキュスタック・
トップを取り付けた後、甘漏れがしないよう
大工さんが養生していた。

天井から徐々に煙突を薪ストーブ位置まで伸ばし、
それに伴い足場も徐々に解体撤収し、最後の
煙突一本を残し足場を完全撤収、最後にダッチウエスト製の
薪ストーブ、フェデラル・コンベクションヒーターラージFA265が
男4人掛かりで運び込まれた。

薪ストーブ設置

煙突の位置を調整し垂直が出るように位置決めしたら、
足を伸ばして固定する。キャタリティック・コンバスター
(触媒)を取り付け天板をビスで止め、側面のガラス扉と
正面のガラス扉を取り付け、最後に煙突に温度計を取り付けて
すべての作業が終わった。

9時に始まった工事は夕方4時前に終わった。

本当ならこの後に燃焼のテストをする予定だったが、
肝心の向井君の都合がつかず、10月にづれこんだ。

炉台や炉の壁を耐火レンガで作っていたが、実際に
本体が設置されるとやや壁が小さかったように思う。
ダイニングが狭いこともあって最小の大きさに
したからだ。レンガもう一枚分広くとりたかったと
今、思っている。

レンガの壁には伊賀や信楽の陶芸作家の人形を
飾ろうと思っている。

究極の食、日田市の鶏足(もみじ)

92歳になる母の見舞いに2年ぶりに九州へ帰った。
生まれは大分県日田市でこの前の梅雨では堤防が決壊して
一時2万人に非難指示が出された所です。

自宅の500m下流の堤防が決壊し幸い自宅は水につからずに
すみましたが、写真を見せてもらうと間一髪、もう50cmも
水位が高かったら完全に床下は浸水していたであろうと
思われます。

少し落ち着きを取り戻してはいますが、堤防の修復には
数年かかるようです。

小生たちが帰省すると聞き付けて、近くに住む姪夫婦と子供たち、
それに私の姉夫婦と姪夫婦が一同に揃って18人の大昼食会と
なりました。

姉が気を利かせて日田の名物、鶏の足を買ってきていました。
手羽先などは見慣れていますが、鶏のひざから下の足がついた
ままは見たのは初めて。

日田市の名物 鶏の足 もみじ

姪のだんな曰く、子供の頃はおやつ代わりに食べていたそうだ。

先日もケンミンショーで紹介されていたらしく、その前の
タラオサ(鱈の内臓やエラなどを乾燥から戻して甘辛く炊いた料理)
同様、ゲテモノしかないような紹介でいやになるとぼやいていました。

小生の子供の頃は冷蔵技術も進んでなく、海から遠い内陸部だった
せいもあり、鶏料理がメインの食事が多かった印象があります。
魚は鯖の塩焼き、椎茸を入れたガメ煮などが中心の食事でした。

沖縄の人は、豚は鳴き声以外は全部食べるといいます。豚の顔も
牧志公設市場で売っており、コラーゲンで人気が出た豚足も
当たり前に食べています。


日田で愛され続ける、鶏足(もみじ)の美味しさ。
「味」も「見た目」も極めた、究極の食と宣伝にある鶏足は、
「醤油ベース」に「秘伝のタレ」を加えて煮たもの。
一本50円ほどで販売している。

食べてみたが、薄味の味付で身は少なくコラーゲンの塊を
食べている感じ。ただかぶりついている人を見ると
鳥肌が立つというか、目を細めてしまいますね。

私的にも手羽先が限度で、鶏足は鶏がらスープに使いましょうよ
っと言いたいところですね。

魅力的な格安航空券、LCC(ローコストキャリー)

  • Day:2012.09.18 20:00
  • Cat:生活
リンデンが九州で法事があるというので、母の見舞いを
かねて、初めてLCC(ローコストキャリー)のJet Starを予約した。

LCCとは、航空業界の規制緩和を機に格安価格でフライトできる
最近話題の航空機のこと。ピーチが片道4000円を切る便を
発売したので一気に知られることになった。

この夏にピーチよりもさらに安い搭乗券がJet Starで発売されていた。
出発日の曜日や時間帯によっても料金が異なるし、申し込み時点の
早い、遅いでも値段が違ってくる。

LCC JET STAR エアバスA320-200型機

連休の利用だったのでさすがに4000円はなかったが、それでも片道
6000円ほどで予約できた。通常の ANA が片道20,000円なので
7割引に相当する。この安さは魅力だ。

登場の2日前にはチェックインをウエブから行う必要がある。

入力の項目は、姓(名字・ローマ字)、出発地、予約番号の
2項目でログインすることになっているが、何度やっても
うまくいかない。3回目にやっと気がついた。名前の入力を
クレジットカードと同じようにフルネームでやっていたのが
はねられる原因だった。姓だけにしたらすんなりと入れた。
せめてはねる項目を赤で示すなど工夫が欲しい。

帰りが7日以内なので往復の搭乗券計4枚をプリントして
空港に行った。

関空では Jet Star の受付窓口は一番端っこにあった。
ウエブで登場手続きを済ませていたので、手荷物を
預けない場合はそのまま手荷物検査を済ませて
登場口に行ってもよかったようだ。

24番の搭乗口にはまだ飛行機が来ていない。どうやら関空に
到着した便がそのまま次の福岡に向けて飛び立つらしい。
30分前になってやっと飛行機がボーディングブリッジに
繋がった。乗客が降りてきて清掃をした後搭乗した。

使用している機種は、フランスのエアバスA320-200型機で
席数は180席。座席シートは普通サイズだが前後の幅がやや
狭いように感じる。

車内での飲み物のサービスなどは一切ないので売店で買って
持ち込むか、または機内で購入するしかない。
アルコールの持ち込み飲酒は禁止されており、車内で販売して
いるビールを450円で買うことになる。
福岡までのフライト時間が実質40分なので買っている人は
少なかった。

日田からの帰りは空港バスを利用したのでそのアナウンス通りに
関西方面第2ターミナルで下車したが、実際は地方便が多く出る
国内線第1ターミナル1階だったので歩かされるはめになった。
空港バスのアナウンスにLCCは第1ターミナルと加えて欲しいと思う。

また地上との連絡が悪く出発が1時間近く遅れたので、関空からの
大和八木行きのバスに運悪く乗れなかった。

一部で不満が残るものの概ね快適でこの安さなら
次回も利用したいと思う。

ヘルシーな高野山のごま豆腐

  • Day:2012.09.12 21:00
  • Cat:料理
大名漬では店舗の販売促進の一つとして毎月1000円以上
お買い上げで100円相当の品を一個差し上げる
キャンペーンを私が店舗を担当してからすぐに始めた。
やまと蜂蜜のめっちゃ梅(希釈ポーションタイプ)や
サイダー、菓子、めんつゆとかいろいろ。その中の
一つにごま豆腐があった。最初はオーカワのごま豆腐
差し上げていたが和歌山の山里食品がそれよりも小さい
50g入りの食べ切りサイズのごま豆腐を製造していることを
知り、それからは50g9個入りのギフトを取り扱うことにした。
高野山という商標もあり愛知や関東方面の人からの
引き合いも良かった。

最初にごま豆腐を意識したのは、上司に連れていってもらった
室生寺の門前にある橋本屋だった。朱の塗り椀に入った
豆腐がごま豆腐だと初めて教わった。

山里のごま豆腐 9個入り

その後高野山の宿坊に昔一日だけ体験宿泊をしたことがある。
料理は精進料理で肉や魚は出てこない。そんな栄養を
補う格好の一品がごま豆腐。ごまの栄養価は高く、
食事には欠かせない品となっている。

高野山の名物として有名な「ごま豆腐」は高野山の開祖
「弘法大師」が1200年余り昔に伝えたといわれています。
今尚参詣者の食膳に提供され、高野山土産としても
大変人気があります。

高野山ごま豆腐は、毎朝その日に製造する分だけの
胡麻の皮をむき、洗い、すりつぶし、こした汁に、
高野山の自然水と本葛とを混ぜ合せて練りながら
炊くという昔ながらの製法で丹精込めて作っています。

素材が生きる本物の味を今もかたくなに守り続け、
「もっちりした歯ごたえながら口の中でスッととろける
食感とその瞬間に広がるこうばしい胡麻の香りが広がります。
無添加で生に近い味とやわらかさを常に追求しています。
冷やしたごま豆腐をわさびじょう油で食べるのが一般的ですが、
しょうがじょう油やポン酢、味噌だれでもおいしく
食べられます。また、白あえや揚げだしなど普通の豆腐に
かえても深みのある味が楽しめます。

9個入ギフトは、一人用のカップに入っており、食べたい
分だけ取り出せるのが便利です。
母の日や父の日、敬老の日などのプレゼントやお供えなどに
おすすめです。
また先様の健康を気遣う贈り物としてもご高齢の方にも
柔らかいのでおすすめです。

奈良市白毫寺(びゃくごうじ)の萩

  • Day:2012.09.10 21:00
  • Cat:写真
夏が過ぎ心地良い秋風を感じる頃になると、小さく
かわいい花を咲かせる萩のシーズンがやってきます。
秋の行楽といえば昔は紅葉狩ではなく萩の花見だったそうです。
春日大社の南、高円山の麓に建つ白毫寺は、春の五色椿とともに
萩の寺としても知られる古刹です。
白毫寺(びゃくごうじ)の萩

ふりかけの元祖、熊本フタバの御飯の友

  • Day:2012.09.10 20:00
  • Cat:料理
先日ケンミンショーで東 京一郎が熊本に転勤になり、
そこで営業に行った先がなんとフタバだった。
小生が食品のバイヤーを担当する前から、フタバの
味ごまのカップ瓶入りを扱っていた。時代が変わり
瓶からパック入りと変ったが依然味ごまは人気が
あった。

熊本フタバのふりかけ

東京のトレードショーではよくフタバの営業の内田さん
に出会った。行けば必ず新商品のサンプルをくれていた。
にんにくふりかけ、とうがらしふりかけ、柚子コショウ
ふりかけ、玉子かけ専用ふりかけとか次から次へと
いろんな商品を出してきていた。

それらも採用したが、最後まで根強く売れたのは、
御飯の友だった。熊本周辺の出身者は大変懐かしがり
子供の頃に良く食べさせられた異口同音告げる。

大正初期、熊本の薬剤師吉丸末吉が、カルシウム不足の
日本人のために小魚を丸ごと粉にして御飯にかけて
食べるという方法を発案。

これが御飯の友として製造販売され今のふりかけの元祖と
なりました。美味しくて栄養たっぷりのふりかけ。
しょう油をベースに味付けした小魚の粉のふりかけは
ホカホカの御飯と相性ピッタリ。
栄養価も高く牛乳の15倍ものカルシウムを含んでいます。

元祖ふりかけ熊本フタバの御飯の友カルシウムたっぷり、
小さなお子さんにおすすめ。この商品には5gとお弁当に
添えられる小さなサイズもあり学校給食などに使用されている
そうです。流通はあまり扱いませんがお弁当なら
学校や職場でふりかけるほうが断然香りも良いので
おすすめです。

市谷農園のつぶれ南高梅

  • Day:2012.09.07 21:00
  • Cat:料理
井手町の匠の里からの帰り道に時々立ち寄る京都府木津町の
八色にぎわい市場に初めて行った時に見つけたのが、
和歌山市谷農園のくずれ南高梅500gだった。

しそタイプで塩分は11%、500gとたっぷりの量でしかも
驚愕のプライスで販売していた。さっそく一個買って
食べてみることに。

果肉も柔らかくつぶれ具合もあまり気にかからない。
市谷農園に取引をお願いすると快く受けてくれた。


ネットの販売では、価格.com のようなサイトが底値を
探してくるので容量関係なく単価が小さいものが有利に
なってくる。500gよりも300gだし、100gでもいいので
販売価格が低いほど上位に表示される。

そんなこともあって従来のギフト用くずれ梅より格段に
安く販売できる商品を探していたので思いが当った。

従来の商品の引き取りロットは160パック単位。
市谷の社長は大阪への納品があるので1ケースから
でも届けると言ってくれた。いくらなんでも1ケース
では運賃が合わないだろうと思い、2ケースの
24個単位で引き取っている。

たまたま大阪への納品があるからと軽トラで納品に
来た事があった。社長自らの配達なので申し訳ないと
いいながらお会いした。トレパン姿のラフな服装には
いささか驚いたが梅農家だと思えばそれもありなんと
理解した。

この種のつぶれ梅の難点は梅干にバラツキがあると
いうこと。皮が硬かったり、大きさが5LとかMとか極端な
品が入荷してくる。弁当や朝食に一粒という人が多いので
大きすぎるのは敬遠されがち。L、2L が経験上には
求められるようだ。
硬さを見極めるのは難しいが、チリメンのような小さい
しわがたくさんある方が皮も柔らかくおすすめだ。

見慣れてくるとそれが選べるようになってくる。
もし売り場にたったらぜひ一度選んでみてください。

目覚ましの一杯は、梅醤番茶で。

  • Day:2012.09.04 21:00
  • Cat:料理
とあるメーカーから梅しょう番茶のサプリが発売されていた。
大名漬本舗では、昔から紀州の梅干と吉野の嘉兵衛番茶を
販売していたので、これはナイスな組み合わせだと思い
ネットで紹介させてもらった。

とくに、風邪気味の時や二日酔いには効きそうだし、
普段胃腸が弱いという人におすすめな飲み物なので
あえて高額なサプリでなく少しだけ手間はかかるが
ご自分で作るとことをおすすめしている。

南高梅と嘉兵衛番茶の梅醤番茶

レシピには、しょうがやくずを使うとあるが、じゃまくさがりなら
広口の湯のみに梅干を一個入れ、醤油を数滴たらしてから
熱々の番茶を加えて箸で梅干をつぶして掻き混ぜれて
飲めばいい。

「梅干はその日の難のがれ」というように、
塩けと酸味が効いた梅干しには気分をさわやかにさせ、
からだをシャキっと引き締めてる効用があります。

クエン酸、コハク酸、リンゴ酸などの有機酸は
新陳代謝を活発にし、疲労物質の乳酸を燃焼させるので
体内に老廃物を残しません。

血液の酸化を中和して疲労回復に抜群の効果があります。
まず1日の始まりは梅干しで体のスイッチを入れましょう。

また、酸、塩分ともに胃酸の働きを助けますので
食欲不振を改善、消化にも役立ちます。

梅の酸には強力な殺菌力があり、動物性たんぱく質や
そのほかの腐敗毒を中和してくれます。

暑い季節、魚を梅干しで煮たり梅あえにしたり、お弁当や
おむすびに梅干しを入れるのはそういう先人の知恵が
働いているからです。

毎朝1個食べるだけで、透明感のある美しい肌になるおまけつき。
美容のためにもおすすめです。

梅しょう番茶は陰性の症状全般に対してすばらしい即効性が
ありますが、これは中に入っている梅干しとしょうゆ、ショウガ、
番茶の有効成分が相乗的に働くからです。

まず、梅干しのクエン酸やしょうゆが代謝を促したり、
血液をきれいにサラサラにして痛みも解消。そこに梅干しの塩分が入り、
血中のヘモグロビンを活性化させて、からだの隅々まで十分な
酸素を運びます。
さらに、しょうゆの生きた酵素は胃腸の調子を整えます。
また、腹痛にはお腹の中の腐敗菌を抑えるのがいちばん。
梅干し、ショウガ、番茶のそれぞれの殺菌力が効果を発揮します。
このように、さまざまな薬効を併せ持つ梅しょう番茶は、
毎日の飲料としてもおすすめです。


胃腸の疲れ、心臓の疲れなど疲労回復に。
<材料の割合(1回分)>
梅干し 中1個
しょうゆ 小さじ1と1/2
ショウガ汁 2、3滴
番茶 150~200cc
くず 少量

<作り方>
梅しょう番茶を小鍋に入れて火にかけ、水溶きくずを加えて
箸で掻き混ぜながら、くずにしっかり火を通します。
色が透明になってとろみがついてきたら、温かいうちに飲みます。

夢のふきん、京秋桜の柿しぶ布巾

  • Day:2012.09.03 21:00
  • Cat:生活
奈良市内の売店でみやげ物として販売していたのが
白雪布巾。鹿の絵柄が染め抜かれていたので
プレゼントやお詫びの品として使っていたが
高価だった。代品を探していた時に目に留まったのが
この柿しぶ布巾。

製造している白井織布TEL0745-56-2662さんが広陵町に
お住まいで大名漬のお客さんだったことから取引をお願いした。
柿しぶ生産者 は京都相楽郡加茂町の<京秋桜>

臭わない不思議な柿しぶ染ふきん、もう漂白剤は不要。
抗菌効果によりぬれたまま放置しても臭いがほとんどしません。
生乾きでも臭わな~い♪
白井織布の柿しぶ布巾

1か月程度使用した柿しぶ染めふきんを検証!元のサイズは
横30cm × 縦30cmですが縦横ともに2.5cm程度縮みます。
耐久性に優れています。ボロボロになるまで使っても、その後
下駄箱に入れておくと消臭効果があるとか!
とことんお使いください


柿渋(柿しぶ)とは?
柿しぶは、青い未熟しぶを発酵後2~3年熟成させた
濃褐色の液体です。お茶や赤ワインにも含まれているしぶ味の
成分がポリフェノールです。柿しぶは、お茶や赤ワインにも
含まれているしぶ味の成分で知られる「ポリフェノール」の一種。
その中でも特に“高分子”なポリフェノールです。
ポリフェノールは、植物に多く含まれており、害虫や気候条件から、
木、葉、実を守るためにあります。この天然素材の優れた特徴を
生かし、独自の製法でつくられたのが、この夢のふきん。

柿しぶふきんその製法は?
一般的に、柿しぶ商品は、“織布”を柿しぶで染めることに
よって出来上がっています。しかし、この織布は、糸の前の
“綿”を柿しぶで染め、糸に紡いで織布を作っています。
そのため、綿の繊維の中に柿しぶが染まっていますので、
落ちにくくなっています。
(柿しぶの機能・効果が長く持続します。)
世界初の夢の繊維 糸入りふすま紙の製造工程から発想。
(糸入りふすま紙は、メッシュ状に織った織布と紙を
接着して作られています。)

柿しぶの優れた特徴
●消臭機能
一般的な生活臭や、タバコ臭を消臭する力があり、室内を
クリーンにします。シックハウスの原因として考えられている
ホルムアルデヒド等の有害な化学物質を分解し、無害化する
働きをもっています。シックハウス・アレルギー・アトピーに
お悩みの方にも安心!
●抗菌・防臭効果
高分子タンニン(ポリフェノール:タンニン)は、抗菌作用が
強いため防臭効果があります。
●人・環境にやさしい
人体に吸入・摂取・接触しても有害な物質を一切含まないため、
古来から身近に使用されてきました。
非常に安全な天然物であり、大気・土壌・水質といった環境に
全く影響を与えません。

メロンとアスティで驚きのデザート

先日なにげにテレビを見ていたらワインソムリエの
田崎真也がお客様をもてなす時のマナーをおもしろく
紹介していた。

自らも料理を選び調理をしながらおすすめのワインを
紹介していた。

その中にメロンを丸くくりぬいて白玉と盛り付け
そこにアスティの発泡ワインを注ぐというメニューが
目に留まった。サービスされた後にワインを注ぐので
目の前で白い泡が器に広がる。それを大き目のスプーンで
食べるという趣向だ。

リンデンもおもしろい。一度やって見たいとワインを
調達するように仰せつかった。時間があったので難波の
オーキャットの3階にあるヤマヤを覗いていたら
女子会におすすめというアスティが980円で販売していた。

重たいが買って帰ることにした。


夏にぴったりなワインとしてイタリアのアスティ。
イタリア北部のピエモンテ州の一つの県の名前で
マスカットを使ったワインです。

微発泡のもの、アスティ・スプマンテというスパークリング
ワインがありイタリアで上質ワインに分類されるDOCGの
クラスにランキングされています。

シャンパンと違い長期間保存はせず、収穫したマスカットを
ジュースにして密閉したタンクに送り、その中で発酵する際に
生まれる炭酸ガスを封じ込めて作るワインです。

醸造期間は短くマスカットのフレッシュな香りを楽しめます。
またアルコール度数も6~7度と低くほんのりとした甘みが
あり、後味に残る酸味や泡の刺激が爽やかな印象を与えて
くれます。

スパークリングワインの中でも夏におすすめしたいワインです。

アスティはフルーツとの相性が良く、前菜ならスペイン料理の
ガスパッチョがおすすめ。夏の熟したトマトをオニオンと
一緒にミキサーにかけ、そこにレモンやオリーブオイル、
にんにくなどを加えた冷たいスープです。

またグリーンの果肉の熟したメロンにも良く合います。
メロンの種の部分を取り除き、そのくぼみにアスティーを注いで
スプーンで一緒に食べたり、生ハムを添えたメロンにも良く合います、

度数が低いので日曜日のティータームにムースやケーキと一緒に
いただくのも楽しみ方の一つでしょう。

徳島県木頭村の柚子茶

  • Day:2012.09.02 21:00
  • Cat:料理
奈良市で小売を担当していたT氏がおもしろい商材が
あると紹介してくれたのがきとうむらの柚子ジャム。
日韓合同主催のサッカーが開催される年で、韓国冷麺や
柚子茶などが輸入され一気に売り場が広がった。

そこで目をつけたのが国産の柚子茶。きとうむらに打診すると
二つ返事で受けてくれることになった。

搾った柚子は、ゆずぽん酢に使い、その皮をスライスして
シロップに漬け込んだのが柚子のマーマレードであり、
柚子茶である。柚子には特有の苦味があるので作って
すぐは色合いは鮮やかな黄色できれいではあるが苦味が
強い。1ヶ月ほど置くと色も褐色に近づいていき苦味が
薄れていく。

温度が25度を超えると一気に褐変がすすみ茶色になって
いって商品価値が下がる。夏場は冷蔵保管が欠かせない。

木頭村の柚子茶・ゆず茶

柚子茶は、もともと韓国の家庭で愛用されており、美容と健康の
飲料として人気が高まり、韓国エステの店などで利用されるうちに
日本でも注目されるようになりました。柚子茶は、柚子を
丸ごと刻み砂糖や蜂蜜と混ぜて煮込んだものを言い、お湯に
溶かして飲むので「柚子茶」という名前が付きました。
韓国の柚子茶は糖度が高めで、ジャムのように使うには
甘すぎるものが多いようです。

木頭村の柚子茶は甘さを控えめにし、種も取り除いており、
そのままジャムのように使うことも出来ます。
また柚子の色や香りを残すために煮詰める時の温度を
抑えており、果実の中で最も多く含むビタミンCを
残すようにしています。無農薬柚子とグラニュー糖、
はちみつだけで作った柚子茶は、香り高く柚子特有の
ほのかな苦味を感じる素朴な味わいがします。

一番のおすすめはお湯に溶かして飲むホットな柚子茶。
夏は冷水に溶いて柚子ジュースもおすすめ。
ジャムかわりにトーストにぬったり、紅茶やヨーグルトに
加えたり、焼酎に入れて柚子ハイにしたり、
パウンドケーキやシフォンケーキなどにも。

徳島県の秘境「木頭村」は、98%が森林におおわれた
自然の宝庫。木頭村では昔から無農薬、自然栽培の
実生の柚子が栽培されてきました。

一時ダムの開発で湖の底に沈みそうになりましたが、
村民あげて反対し手つかずの自然が残ることになりました。
今や木頭村の柚子は 「日本一と賞賛される」までになりました。

さんまときのこの香草オーブン焼き

  • Day:2012.09.02 20:00
  • Cat:料理
秋の味覚の代表といえば秋刀魚ときのこだろう。
難波虹のまち「LACHEN」メニューに早々と「さんまと
きのこの香草オーブン焼き」450円が登場していた。

リンデンバーム青山高原ではハーブを植えその摘み立ての
ハーブで料理をしようと思っているので、香草とつくと
注文してみたくなる。

さんまときのこの香草焼き

小さな鉄製のパンにきのことほうれん草をオレガノの炒めた
秋の味覚の代表といえば秋刀魚ときのこだろう。
早速にメニューに「さんまときのこの香草オーブン焼き」
450円が登場していた。

リンデンバーム青山高原ではハーブを植えその摘み立ての
ハーブで料理をしようと思っているので、香草とつくと
注文してみたくなる。

小さな鉄製のパンにきのことほうれん草をオレガノの炒めた
もの。その上にさんまを三枚におろした半身のさらに半分が
のっている。さんまの上にはローズマリーが乗せられている。

好みでローズマリーを崩しながらさんまなどと一緒に
食べて下さいとPOPに書いてある。

きのこはあらかじめ炒めてあったようでオーブンで
再加熱するのでエリンギは歯切れが残るがしめじは
しゃきしゃきしていない。もう少し生な感じで
出してもらったほうが良かった。

辛みが弱いので自分で作るときはペペロンオイルを
かけることにしよう。

ビールよりも辛口に白ワインがほしくなる料理だった。

一番しぼりフローズン生

難波に出かけたときにたまに寄る「LACHEN」で
一番しぼりフローズン生 400円がメニューの一番最初
あったので頼んでみた。一番搾り専用のジョッキの上に
ソフトクリームのような泡がとぐろを巻いている。

キリン一番搾り生フローズン

ほう、こうきたかって感じ。
飲もうとするが泡が硬くて唇がビールに届かない。
上の部分だけ口に含むとやたら苦い。
どうやって飲むん?ときくとこのスプーンで泡の
一角を崩してから吸い込んでください。とお姉さん曰く。

コーヒーでいわばウインナーコーヒーを真似たような。
ちびり、ちびり飲むが泡がなかなか溶けない。

10分ほどでビールは全て飲み終えたがまだ泡が溶けずに
残っていた。

キリンビールのページでは30分間は冷たさが保たれるそうだ。
それにしては飲食店へ用意したジョッキの容量が小さい。
一杯あたりの単価を抑えたい事情があるのだろうが
中ジョッキサイズだとピッタリではないだろうか。

個人的な感想としては、話題性があって見栄えはするが、
温度が低すぎてビール本来の美味しさが損なわれていると思う。
クリーミーな泡を立ててそこから口に含む従来のビールの
飲み方が断然勝る。

なので、次からは普通の一番搾り生をオーダーしよう。

大名漬本舗の花だより 奈良の鹿

  • Day:2012.09.01 21:00
  • Cat:写真
森の奈良漬の社長様のお話を聞いた時に立ち寄った
奈良公園での一枚。

奈良公園 鹿

柚子の香りで癒される、ゆず湯の元

  • Day:2012.09.01 20:00
  • Cat:生活
奈良漬屋さんなのに入浴剤?って思われる方も多いのでは。
小売部のやまと(奈良市)が扱い始めた木頭村のジャムや蜂蜜。
ちょうど日韓合同主催のワールドカップの頃に登場したにが
ユズロンという柚子を使ったマーマレードをお湯で薄めて
飲むという「柚子茶」のブームが到来した。柚子には多量の
ビタミンCが含まれることから美肌効果があると言っていた。

きとうむらに柚子茶の相談を持ちかけるとラベル等大名漬の
希望するものを作ってくれれば製品化するという話に
まとまった。

オリジナルの柚子茶の誕生だ。その後もマスコミの後押しも
あり良く売れた。

木頭村のゆず湯の元

そんな頃に灘の清酒福寿の醸造元が酒心館を開いており
参考になるというのでスタッフと訪ねてみた。
そこに木頭村のゆず湯(入浴剤)が売られていた。
風呂桶に投げ込み陳列してあり良く目立った。

早速に木頭村に見積もりを依頼し主に楽天店で売ることにした。
当初は宣伝のために、柚子茶の6個セットに試供品として
一袋をつけたところリピーターがつきだした。

袋を開封しただけで部屋中に柚子の香りが漂う。
不思議と癒される良い香りだ。

それを湯船に浮かべて使う。人によっては刺激が強すぎるので
肌がチクチクする場合もあるが、概ね好評だった。
柚子湯の愛好者の声としては、
「冬にはこれが一番です ゆずの香りも良く温まり他の入浴剤よりも
肌への刺激もなく肌もかゆくならず安心して使用できるのが好いです
一袋が大きくて2回使用できる上に使用後は風呂掃除に使えます。」

「大きいので、湯船に入りながら、体を撫でてます。ツルツルになります!
香りも、合成の物ではないので、優しい香りで本当に癒されます。」

「頭村のゆず湯良いですよ!とてもよい香りで癒されます。
お肌もしっとりして保温効果は抜群ですよ!」など。


柚子日本一の『木頭柚子・ゆず湯』は、契約栽培の無農薬柚子皮を
原料とし、低温乾燥製法で乾燥加工しパッケージしたものです。

低温乾燥なので、柚子の持つ香りや効能を損なうことなく、
お湯に浸すと素早く成分が抽出され、心地よい「ゆず湯」を
お楽しみいただけます。

また、香料や添加物などは一切使用していませんので、
敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。


木等木頭村柚子・ゆず湯の使い方

1.一袋ないし数袋を熱めの風呂に入れ、しばらく浸します。
無香料のため香り柔らかですが、保温保湿効果は抜群。

2.お湯につかりながら袋を揉み、身体に軽くこすりつけると、
お肌もすべすべ。自然の柚子エキスが疲れとストレスを
癒してくれます。強い香りをお好みの方や風呂釜が大きい
場合は、一回に数袋ご利用ください。

3.使い終わった内容物は柚子皮100%ですので、袋から取り
出し、園芸用コンポスト等にご利用いただけます。