FC2ブログ

ホットな赤ワイン グロッグの魅力

真夏の赤ワインは重たくて時々飲むことをお休みしたくなる。
真冬の赤ワインは冷たくてこれまた今夜はやめておこうとなる。

先日ふっとホットワインを思い出した。去年行ったルミナリエの
イベントで出していた店のことが脳裏にあったようだ。

ワイン売り場の人にホットワインにおすすめのタイプを聞くと、
軽いイタリアの赤がおすすめだという。
一本500円のヴォカート・ディ・ヴィラフランカ VDTロッソを
買い求め試したみた。温めた分だけ香りが立ちすぎて
味わいも角々しい感じがする。

ならばとお気に入りのモンカロ・マルケ・サンジョベーゼならどうだ。
ウンまろやかで旨い。ホットワインに良く合う。
最近すっかりこれにはまっている。

hot-wine.jpg

専用のワイングラスだと香りが立ちすぎてよろしくない。
昔買っておいた伊賀市在住のガラス作家田中正之作の
イボイボ鼎グラスが宇宙的な神秘性があって気に入っている。

温度は50度がいい。それ以上だと香りが強すぎておすすめできない。
レンジの前から離れられない。

砂糖を入れたりシナモン棒を差し込んだりもしたが、
何も入れなくとも6pチーズ一個をかじりながらでも一杯は飲める。

たまたまイケアのレストランでグロッグなるものを見た。
ホットな赤ワインのことだという。

スウェーデンの冬は寒く今もスパイス入りのホットワインを飲む
習慣があるという。シナモンやグローブなどのスパイスを入れ
砂糖で甘みをつけたワインだという。

試飲してみると確かに甘い。女性受けしそうだ。
レシピには温めた赤ワインにアーモンドとラムレーズンを
スプーン2杯ほど加え混ぜながら、食べながら飲むそうだ。

個人的にはアーモンドが湿ると口当たりが悪くなるので
添えるようにしている。このつまみにはジンジャー入りのクッキーが
欠かせないという。この冬おすすめのアイテムといことで
レシピを作って推奨している。

寒い冬には体の芯から温まる赤ワインが理にかなっている。
一度専門のレストランでも飲んでみたいものだ。
スポンサーサイト



メナード青山リゾートの木工教室

  • Day:2012.12.22 10:00
  • Cat:木工
伊賀行きは先週で年内最終と決めていましたがイケアで
テーブルなど買ったので青山高原へ運ぶことにしました。

それだけではもったいないので2年前からしたいと思っていた
メナード青山リゾートの木工教室を受けることにしました。

年末のリゾートは訪れる人も少なく閑散としています。
10時のスタートにあわせて自宅を出ましたが青山の町から
リゾートまでの道が意外と時間をくい着いたのは5分前。

木工教室はドアプレートが1000円、ミニチュアやフォトフレームが
2000円、時計やマガジンラック、花車、額が3000円といくつもの
コースがあります。

小生が興味を持ったのはミニチュアというコースで大小さまざまな
枝を使ってギターやヴァイオリンを弾く人物を作っていくというもの。

材料を見て創造してオリジナルなものを作って下さいといわれたが
到底無理と思いウッドクラフトの講師である立川寛先生が作った
人形を真似して作るとスタート。胴体や顔、帽子、ギターなどの
パーツを選びながら何とか形にしていった。

aoyama-mokkouimini.jpg

足や腕は黒もじの枝の部分を見つけて剪定ばさみで慎重に切る。
グルーガンと呼ぶはんだごてのような機械でビニールを溶かし
これを接着剤にしていく。

最初デキシーランドジャズのトリオが目標だったが90分では
一人つくるのが精一杯。二人目はできないと判断し、
松ぼっくりに似た小さな木の実を使いうさぎさんを作った。

この材料はヤシャブシの実だそうで比較的痩せた土地にある
そうだ。残念ながら青山高原ではあまり見ないが、動物の
体に見立てた細工がかわいいので集めようと思っている。

時間までに出来た作品はこの2品。三角の板木に固定して
持ち帰ることにした。

リンデンバウム青山高原でも孫太朗始め子供たちが遊びに
来た時に暇しにようにとこのミニチュア作りを思いついた。
部品集めに少し時間がかかりそうだがぜひとも実現させたい。

糸鋸を使ったパズルにも興味があったので一時からの
教室も受けることにした。

何かのイベントで昔買っておいた秋田森林工芸館の糸鋸
パズル
に孫太朗が興味を示しだしてきた。
7.5cm角の中にきつねが木登りしている絵が切り抜かれている。
細かい細工でピンセットが必要になるパズルだがやると
楽しい。もう一年もしない間に出来るようになるだろう。

糸鋸を使うのは初めてなのでいい経験になった。
最初直線がうまくいかない。まっすぐに押しているつもりだが
右手に力が入りすぎてずれていく。

何度か練習している間に進むようにはなったが方向変換が
上手にできない。自分はどちらかと言うと手先は器用な
ほうだと思っているのに自信がなくなる。

多分切る木が25mmと厚かったのが原因ではなかろうか。
それと糸鋸の歯にも厚さがいろいろあるという。

エビと犬とワニの3つに分かれるパズルが何とか完成した。
リンデンは糸鋸の機械が欲しいと言っているが、
子供には怪我の心配もあるので当分糸鋸は先送りで
いいかと感じた。

こうして個人授業が無事終わり青山高原へと向かった。
メナード青山から高原までは40分かかるとナビが
言っている。

ノールデン伸長式テーブル

伊賀のリンデンバウムには、7.1chのアンプを用意した。
3組のスピーカーとセンター、低音域用のサブ・ウーファー
計8個のスピーカーが接続可能となる。
BOSEが気に入っているので壁吊りタイプの101の中古を
探しているが取付金具付きだと中々お目にかかれない。
オークションでは2万円で落とせるがその半額程で
手に入らないかと探している。

時々行くリサイクルショップには並んでいないので、
堺や大阪狭山など遠くのショップへ行ってみた。

その中の一軒でスピーカーでなくテラス用のテーブルが目に留まった。
バタフライタイプ、折りたたみ式でたたむと幅20cm、奥行き80cmで
使わないときは室内に仕舞うことができる。

材質はパーチ合板だが厚みが2cmあり一人では持てない重量だ。

子供の勉強机に使っていたようで天板や引き出しに鉛筆の
後が残っている。

価格は4900円、魅力的だ。作るとしても材料費だけでその程度
かかるので思い切って買うことにした。店員さんが傷や汚れの
ことを心配してくれたが、サンダーで磨いて塗料を塗る腹積もり
だったので大丈夫ですと答えた。

時間が出来たので2回ほどサンダーをかけ新品になりつつあった時に
リンデンがイケアに連れていってほしいと言って来た。大正区の
イケアへは西名阪、阪神高速を利用すれば1時間ちょっとで行けるが
高速代を節約するために一般道を利用した。

家具売り場にいくと中古で買ったものと全く同じテーブルが
並んでいた。NORDEN(ノールデン)というブランドでベンチや
チェアなど数種類が販売されていた。

くだんのテーブルは、ゲートレッグテーブルで利用は2人から
4人用。最大に広げた時は152cmまで広がる。折りたたみ式のイスを
使えば6人は囲めそうだ。定価は24900円。

ちょっと得をした気分になった。現品を確認したので近い色合いの
塗料を買い求め塗ることにした。ペンキを塗るのは何十年ぶりだろう。
中学の夏休みの課題でスタンドライトに塗った記憶がある。多分
それ以来だろう。

これからも橋の修復やデッキの塗り直し、ガーデニングのペンキ塗りなど
欠かせない作業なのでじっくりと取り組みマスターすることにした。
やってみればその塗りあがった作品を見る時の達成感や充実感は
いいものだ。

新品に近い状態に出来上がり自己満足している。
春からはきっと活躍してくれるだろう。

日除けの傘を差す穴がないのでジグソーで空けようかと考えている。