FC2ブログ

薪は松よりもコナラ。

  • Day:2014.03.25 07:19
  • Cat:石窯
小屋作りも一段落したので作業が遅れていた薪割りを始めた。
昨年の台風で倒れたコナラの木を調達していたのでそれを
薪にしようと始めた。これらの薪は乾燥が必要なので
来年使用分となる。

チェーンソーの歯が研げずやむなくノコギリで格闘。
10cmくらいの枝は難なく切れるが太くなるに
つれ苦戦。長さ90cmを半分に切るだけの作業に息切れする。

20140324 29

途中休憩をいれながらも二日かけて大方割る事ができた。
薪ストーブを購入したアーキネットの向井さんの紹介で、
里山倶楽部で薪を購入する事も出来るが500kでおよそ
30000円、青山高原までは配達してもらえないので
河南町のワールド牧場の近くまで取りにいけば25000円。
500kというのは1リューベで1mの立方体のこと。
軽四の後ろ座席に一杯といったところか。

今回の薪割りがほぼそれくらいの量だったので2.5万円の
節約になったかとは思うが、足腰は痛いしかなり疲れました。

青山高原は松や馬酔木が多く、広葉樹のコナラは少ない。
ピザを焼く時は薪は楢やコナラ、くぬぎなどが適しているという。
密度が高くずっしりと重たいので持続性が高い。同じ熱量で
長時間燃え続けてくれるのでピザが均一に焼き上がる。

比較して松や杉は向いていないという。温度は一気にあがるが
すぐに燃え尽きてしまう。隣の区画を伐採したときに松が圧倒的に
多かったので大事に残しておいた薪も後少しでなくなりそうだ。

一回ピザを焼くのに薪を5束ほど使う。買ったと想定すると
およそ3000円の薪代になる。

余談ながら当店は石窯ピザが売りだ、なんて言ってる店でも
薪置き場を覗くと建築で出た端材を使ってたりする。
そういう店は味もはずれと思って間違いない。

来年の春は里山倶楽部まで薪を買いに行く事になりそうだ。






スポンサーサイト



前割りのススメ

  • Day:2014.03.08 18:00
  • Cat:焼酎
お得意先から老松の焼酎を前割りして試飲してもらうという話をきいた。
前割りした焼酎は何にいれるのかな?と思っていた矢先に偶然にも
リサイクルショップでイタリア製のデカンタを見つけた。

EAU SELLETI と底にマークが入っており2リッターほど入る寸胴型のデカンタで
上部にコップで蓋をするようになっている。

見た瞬間にピンと来た。
量的にも外見的にもピッタシだ。価格は380円と驚く程安い。

DSC_0003.jpg

考えてみれば他の用途が思い浮かばない。
多分イタリア人はマグナムやそれ以上の大きな容器で買うワインを詰め替えるためでは
ないだろうか。あくまでも小生の推理だが・・・

3個買い求め、一個は上述の酒屋さんへ進呈した。一つは我が家で前割りを試す事にした。
それまでは湯割り専門で、水道水をポットで沸かし沸騰した湯を陶器のコップに入れ、
そこに焼酎を注ぐやり方。

このデカンタを使う時は、700mlの焼酎をメジャーカップで量り、天然水を同じく量り
400mlを加えて15度になるように調整し、後は一日置いておく。冬場なので10日程は
日持ちする。とはいえ一週間も持たずになくなるけど。
信楽焼の大振りのコップに注ぎ入れレンジで55度になるまで暖める。

それまでのお湯割りとは明らかに味が異なる。
口当たりがなめらかというか柔らかい味に変わった。
調べてみると事前にアルコールが馴染んでクライスターが細かくなると
あるので科学的にも理にかなっている。

鹿児島では、前割りが常識で、暖めた焼酎が黒チョカで出される店もある。
またちろりで暖めたりもする。年中前割りの湯割り派も多い。

小生は冬はほとんどビールは飲まない。日本酒は燗向きの特別純米酒が
好きだし、焼酎も湯割りだし、安物の赤ワインもレンジで温めて飲む。

早く良いも回るし体を冷やさない方が自分に合っている気がするので。