FC2ブログ

煙突の掃除に苦戦

長く続いた雨模様からやっと解放され、透き通るような
秋空と時として寒いくらいの風が吹く季節がきた。
青山高原の厳寒の冬に備えて設置した薪ストーブ。2年間使い続けているものの
一度も煙突の掃除をした事も無くきっと煤が溜まっているだろうと
重い腰を上げて煙突の掃除を始めた。

ネットで見つけた煙突の掃除の仕方を参考に薪ストーブに一番近い煙突を
外そうとするが上へ持ち上がらない。あまり強い力を加えて壊れても困ると
思い、購入したアーキネットの向井さんへ電話で確認すると「やり方は合っています、
きっと煤がこびりついているので動かないのではないか」と言われ、
グッグッと力を入れひねりながら上へずらすとやっと外れた。

DSC_0001.jpg

なんと煤がいっぱい。純正の金ブラシを突っ込み上下へごりごりと動かすと
バサッという音とともに鉱石のように黒く固まった煤が落ちて来る。

外した煙突も屋外でブラシで煤払いをする。このすすは煙突にこびついて
完全には落とせない。なぜこれほどの煤がつくのか。
その原因は松を使うからだと思う。松はやにが多くこれがくっつく元になる。
青山高原は周囲に住んでいる人もいないので薪ストーブの煙でクレームに
なることはない。そのため触媒を使わずに松をくべていた。

怖いのは煙突の中で煤が燃える事。ヘタすると家に火が広がり火事になるらしい。
隣の敷地を伐採した時にたくさんの松の枝が出たのでそれを使っていた。
反省して、松の木は今後燃料には使わない事に決めた。

今年も台風のためと、電線保守のために伐採された木々が手に入った。
これらの広葉樹を切りそろえ薪に使おうと思う。
ほとんどが生木なので早くても使えるのは2年後になりそうだ。
スポンサーサイト