FC2ブログ

紅葉がきれい、行徳家住宅

焼酎閻魔で知られる、老松酒造の関西営業を担当することになった時に、
専務様からフェイスブックの立ち上げの相談を受け、主に画像の
コンテンツ集めを自らかって出た。
夏に一度、秋に一度と格安のLCCを利用して日田に里帰りした。

日田は、大分県にあるものの西の果てで大分よりも福岡や熊本、
佐賀に近い。方言も別府育ちのリンデンでも知らない言葉がいくつもある。
飛行機も大分でなく、福岡空港を利用し、空港バスで日田へ入るのが
一般的なルートになっている。

幸いにして実家は花月のブランドを持つ塩谷製菓で菓子の製造と卸を営んでおり、
会社の車を借りて日田市をくまなく回った。

18年間日田市に生まれ育ったが行動範囲は限られ、祇園祭を見たのも初めてだったし、
市町村合併で日田市に編入した津江方面を走ったのも初めての経験だった。

秋に紅葉を撮影したいとネットで調べると、中津の耶馬渓やいいちこの日田工場の
紅葉池など数件の候補に挙がった、その中の一つが夜明けの行徳家住宅だった。
紅葉の真っ盛りで日差しもよく満足のいく写真を撮る事ができた。

行徳家0145

時間が限られていたので住宅の中には入らなかったが、もう一度秋の紅葉、
春の青嵐の頃に訪れたい趣のある佇まいでいい感じだ。

一般公開しているので日田訪問の際は足を伸ばして欲しいと思う。
この夜明けを大鶴の方面へ進むと川沿いに閻魔の銘酒を生み続ける老松の
蔵がある。この地に創業して二百有余年続くというから老舗中の老舗だ。
売店もあり、ちょっと試飲してほろ酔い気分で土産を物色するというのも
飲み手には嬉しい限りだ。

国重要文化財指定 「行徳家住宅」のご紹介
日田市夜明関町3256

行徳家は、初代元高亮(げんりょう)が大阪で眼科医を開業していたが、文政七年(1824年)に
現在の地に移り住み五代目素雄(もとお)が昭和14年に熊本に転居するまで偉業を続けました。
この住宅は、天保13年(1842年)二代目元遂(げんすい)が建てたもので、大分県西部に分布する
曲屋(まがりや)形式の家屋様式です。
建物は、寄せ棟作り、茅葺き一部二階建て、平面積は約65坪で、南正面に式台付き玄関を持っています。
建築用材はよく吟味され、柱、鴨居、長押などは面皮付き材木を使用しています。

宅地面積は約450坪で西側に山を取り入れた庭園を擁しています。
この住宅は、平成元年から国、県、市の補助事業として約1億二千万円をかけて解体修復工事を行い
平成3年6月に完成した。

日田市観光協会の紹介ページへのリンク
http://www.oidehita.com/319.html
スポンサーサイト