FC2ブログ

吟醸酒はうす玻璃で!!

2013年5月から2014年11月までの一年半、老松の関西営業を担当した。
卸店、小売店のルート営業が主な仕事だが、その先の飲食店の訪問も経験した。
京都のとある店を訪問した時に夜に景気付けで来ると約束。
普段は自家用車を使っての巡回なので飲む事はできないが、
たまたま展示会の準備が早く引けたので行く事ができた。

老松の焼酎を飲む前に北雪純米大吟醸を頼んだ。
前職飯田の時に関西に引き入れた懐かしい銘柄の一つだ。
冷蔵庫から一升瓶を出してきて吉野杉の枡を受け皿にし
ストレートグラスにこぼれるまで注ぐ。
いうところのマスグラスセット売りという手法。
「えっ今時これ? しかも大吟醸だよ」と突っ込みたくなる。

昨年の秋頃からにわかに日本酒に光があたってきた。
国策として国酒=日本酒を押していることで海外での
人気が高まり、それらの情報が逆輸入していることが
影響していると思われる。

おかげで焼酎は押されっぱなしで営業活動が苦戦した。
市場のボリュームは圧倒的に焼酎が多いのだが伸びがない。
卸の試飲会でも国際基準の試飲グラスを使うところも出て
来ている。香りが命の吟醸酒はやはり飲み口をすぼめた
白ワインサイズのグラスが香りを嗅ぎ分けやすいと思う。

リーデル社から脚なしの赤ワイングラスや吟醸酒用の極薄の
グラスが販売されている。
そこに目をつけたのがダイソーで赤ワインサイズは脚なし
ステムレスグラスが108円で販売されている。
私も青山高原で重宝しているが、吟醸酒向けには
容量が多すぎて使えない。

DSC_0007.jpg

うす玻璃グラスで有名な松徳硝子のブルゴーニュグラスだとサイズも
こぶりでちょうどいい。試しに120mlをいれると見た目少なめだが
高級感は伝わる。1800mlが5000円クラスの大吟醸だと
15杯とれて原価は330円ほど、売価は1000円までに納まる。
3500円クラスの純米吟醸だと売価は680円ほどか?
高級な酒だし量は多く要らない。数種類飲んでもらうためにも
120mlで十分だと思う。
多分、松徳硝子のうすはりを模した酒グラスが
同じ108円で近々発売されるだろう。

グラス類はメーカーが無償で協賛してくれるという業界の悪い習慣で
お金を出してまでグラスを揃ええない店も多い。
料理、お酒に拘るなら酒器も含めてトータルでコーディしてこそと
思うのだが。どこの店でも吟醸酒が、最も美味しい状態で提供される
時が一日も早く来る事を期待したい。
スポンサーサイト



葛城の銘酒、篠峯。

思いもよらない女性から篠峯のお酒をプレゼントされた。

前職の老松で働いていた頃、地酒専門店のほとんどで篠峯を見た。
近場ではエポック、森田酒店、あべたや、今西屋、福森酒店(敬称略)などなど。
御所の千代酒造が製造元だがこの篠峯は限定流通商品、契約を得た
特定の酒販店しか取り扱っていない。
年間定番品もあるようだが、季節毎に酒米や精米歩合、造りを変えた
限定品がとりわけ人気があると聞いた。

年が開け寒さがひとしお厳しくなってくると、山田錦などを
使った高精白の大吟醸酒などが出荷されてくる。
しかも火入れをせずに生酒や無濾過など際物が増える。
飲食店に「今しか飲めない」「次はもう入ってこない」なんて
言われるとついつい飲みたくなってくる。

今回頂戴したお酒は、今年の1月に搾られた純米吟醸で、
中取りとラベルに記載されている。

sinomine15ok.jpg

中取りとは、搾った最初に出て来る「あらばしり」と最後に圧力を
かけて搾る「せめ」を入れない中間だけのいわば「いいとこ取り」のこと。
原料米の記載はないが多分「八反」か?精米歩合は50%と書いてある。

裏表記のラベルが無く銅と肩の二点張りなので酵母の
種類や酸度や糖度は不明。できれば裏ラベルは無理としても
ネックレスなどで詳しい情報は欲しい。

篠峯の発売は、比較的新しく今から15年程前に限定流通が
始まったという。ネームングの由来は、「蔵のすぐ西にそびえる
葛城山の別称。その昔篠峯という名で呼ばれていた時期があります。
当蔵の仕込水はこの葛城山の伏流水を自社井戸から汲み出し、
そのまま使用しています」とHPに紹介されている。

葛城山麓の酒蔵は他にも、香芝市の歓喜光、大倉、葛城市の梅乃宿、
御所の風の森、百楽門などあり、いずれも最近の日本酒流行の影響を
受け品薄気味だと言う。
きっと葛城山からの伏流水が酒造に適しているからだろう。

東北や信越など、北国の酒でなく、地元奈良県の酒が地元で
飲まれるのは喜ばしい。奈良を訪れる外国の方々へもその美味しさを
きちんと伝えたいものだ。
早めの英語の情報伝達を蔵元へ期待したい。

グラスは松徳硝子のうすはり葡萄酒器、お酒の容量は120ml、
香りが一番立ちやすい飲み口がすぼんだ白ワイン向けのグラス。
何と言ってもクールカットの引っかかりのないのがいいし、
脚がないステムレスなので酔っぱらっても倒す心配が無い。