FC2ブログ

欅の一枚板

  • Day:2015.03.11 09:50
  • Cat:木工
飯田時代に何かとお世話になったり、お世話したりしていた先輩が秋に
青山高原のリンデンバウムに初めて来てくれた。

彼が奥さんのお兄さんと紹介してくれたのが津遊さんで奥様ともども
夫婦でおつき合い頂き教わる事が多かった。
最初にお会いしたのが先輩の家でその時は敦賀に転勤していた。
厚かましくも敦賀リゾートのヴィラを予約し押しかけた。
一夜干しした鰈などバーベキューでご馳走になった。
彼はその後定年を迎え憧れのログハウスを北欧から取り寄せ、
大工さんと一緒に京都府井手町のたくみの里に建てた。
リンデンもいずれはログハウスと憧れ夢を追った。

そんな縁でたくみの里のイベントにも欠かさず出店して参加していた。
昨年の秋のイベントに先輩夫婦やその義理の姉夫婦も参加していたこともあり、
ぜひ兄妹夫婦でお誘いし、3組、合計6名の青山訪問が実現した。

石窯で焼いたピザを食べてもらい、とって置きの焼酎など飲んでもらっていたら
ご機嫌になった先輩が使っていたIKEAのテーブルが今イチだとダメだししてきた。
彼は退職するまで飲食店のマネージャーとして働いていた。
それだけに什器類にはうるさい。自宅にあるケヤキの一枚板をやるという。
えっうそやろと思った。
ケヤキといえば栃、楢などと並び高値の花の材だ。
昔の酒屋の看板に漆黒の日本酒のロゴを書体で書き上げ緑で縁取りした
あの看板に使われる木だ。飲んだ勢いでとならないように証人を立て、
間髪入れずもらいに行く事にした。

大きさは長さが190cm、幅が狭い所で50cmから60cm程、厚みが6cmだった。
正式な食事をするテーブルにしては幅があと20cmほしいところ。
彼はウッドデッキでの屋外用にと言ったのでデッキがさほど広くないので
サイズ的にはぴったりだが重たく毎回出し入れする訳にもいかない。
当面は部屋の中で使うことにしよう。向かい合っての6人掛けが理想だが
このテーブルだと横並びで二人、端に二人で4名が限度かと思う。
普段使いにはこと欠かない。

重たい、40キロはあるだろうか。大人2人でないと持てない。
青山高原までは難なく運んだが一人では下ろせない。
管理事務所の古山さんにお願いして木工小屋まで二人で運んだ。
その後はひらすらサンダーとの戦い。
やっている途中で京都のカモログの事を思い出した。

前職の大名漬本舗の堺浜寺店をオープンさせる時に一枚板テーブルの
くつろぎスペースを作りたいと美山町のカモログに買い付けに行った。
予算的なこともあり20万円の栃を依頼し磨いてもらった後
配送便で送ってもらった。堺店は2年足らずで閉店、そのテーブルは今八尾店にある。
一枚板のあこがれは強く、そのテーブルにすわるために毎月買い物に来るお客さんもいた。
パイン材のつなぎならまだましなほうでベニヤをあんこにしたハリボテなど
安価なテーブルの多いことか。引っ越しが多い若い世代なら仕方ないが
ある程度年齢を重ねたら一枚板のテーブルが欲しいと思う。

カモログでは職人さんがヘッドフォンをしながら一枚板をサンダーでかけていた。
何か外国に来たような印象を受け、横で見ていてかっこいいと思った。
青山でも真似てみた。歌手が録音したりミキサーが視聴したりする時に使う
SONYのプロ用ヘッドフォンを持ち込みipadに入れたモダンジャズをガンガンに
鳴らしながら。
最初は紙ヤスリの100番、次に240番、最後に400番と徐々に細かくしながら
丸2日かけてピカピカに磨き上げた。
よくみると板を割いた時のノコの傷跡が一定間隔に走っている。これが
ケヤキや楢など硬い木でしかも乾燥していると中々消えない。
我ながら16時間も忍耐強くやったものだと思う。

2015-01.jpg

木目がくっきりと浮かび上がり全体に赤みを帯び、端は縮緬のような
和風の模様が出ている。見ていて飽きない。
保護のために最後に荏油で表面を塗った。この程度だと醤油をこぼしたり
するとシミが残る。また磨けばいいしシミや傷があるのも味のうちと思えばいい。

彼はこのテーブルを長年自宅に持ち続けた。
夢は居酒屋を開いた時の看板に使うというものだった。
還暦をすぎその夢も少し遠のいたのかも知れない。
リンデンバウムは飲食店ではないが、お客様を迎え入れている。
彼の夢を紡ぐためにも大切に使い続けたいと肝に銘じた。
スポンサーサイト



紀美野町巡り

2月最後の土曜日、翌日の梅乃宿酒蔵見学に備えて一日早く青山高原から
戻ってきたら、和歌山に連れて行ってほしいという。
10時にライフの車検上がりを引き取りに行きそれからすぐに出かけた。
五條から京奈和道に乗り、最終の紀ノ川で降りてみっけもん市場に。
きよみ、八朔などを買い込んだ。そこからでも紀美野町へは小一時間かかる。
国道24号線からは東側山手になる。途中荒川の桃の産地を抜けダムの側を通り
紀美野町に着く。トンネルも整備され対向二車線で走りやすい。

最初に目的のパン屋「岳人 gakujin 」へ。店の下の道路へ車を止めから歩いて登る。
パン売り切れの看板が既にかかってる。この店は土曜日限りの営業でクリームパンが
人気だそうで遠くからもお目当ての客がくるそうだ。
この日は天気も良く11時の開店前には行列ができ早めにオープン、お一人様2個迄の
クリームパンも早々に売り切れたそうだ。
幸いデニッシュパンが残っていたので一個づつ食べた。
古民家の座敷でお茶もできるそうで若い女性が落ち着くと言っていた。
石窯は見せてもらえず、畳一枚分の大きなものだそうだが外から見る限り
大きいものだった。パンはご主人が担当のようで天然酵母はりんごなどからとるという。
今日はヨーグルトからと言っていた。トイレのドアの立て付けが悪かったり
薪置き場が雑然としていたりしたのは少し残念かな。

パスタやピザを食べさせてくれる「森のパン屋」が近くにあると聞いたので
そこを目指した。山間に入り込んだ所にあった。ログハウスのショップと厨房、
後で建て増しした1×4材を多用したテラスなどがあり雰囲気はいい。
数種のパンと、何故か海の幸のパスタ850円(あさり、イカなど)キノコとチーズの
ピザ850円(パン生地を使ったもの)を食べた。お味はまずまず、
テラス席からの眺めはよかった。分厚い一枚板、長尺のテーブルがドンと
置かれていて感激。できれば天板は時々磨いてほしいと思う。
お隣りさんも同じメニューを頼んでいた。

201ice.jpg
三軒目はアイスの店。イタリアンジェラートとある。店名はkiminokaとあり
「紀美の農家」を意味するらしい。奥まった道添いに最近建てたと思われる
小粋なショップ、そこにアイスのショーケースを置いている。農家としての
特長をだしたいとの考えで、ほうれん草やキャベツなどの野菜や山椒、
干し柿などを上手に配合している。基本はバニラ、チョコ等のアイスに
配合を加えたものだが珍しさで受けており、次から次へと客が来る。
天気も良く、屋外には数カ所のイスとテーブルもあり寛げる。
イタリアで食べられなかった黒キャベツがあり買うと「うれしいよう!」と
きれいな顔に似合わない和歌山弁で若い奥さんが答えてくれたと驚いていた。

最後に紹介のリーフの冒頭に載っていた「くらとくり」を目指した。
中心部にあり分かりやすい。メインの通りと脇道の間の狭い場所に
ぽつんと蔵だけがある。駐車場のスペースを一部ウッドデッキにしており
そこに農産物や加工品のショップがある。
リーフでは、喫茶のスタンド、もみのき食堂、紀州マルイチ農園の
3軒あるように書いてあるが実際は一店舗にしか見えない。
喫茶と食堂は同じ建物の中だし。入口の売店が別のショップになっている。
栗を出荷している農家で12代目になるらしい。イケメンの彼がショップの運営の
キーマンでランチも彼が担当している。他に喫茶の担当の娘がいたり。
ここでコーヒーを飲んだ。420円といい値段がする。スタバ式の紙コップで
提供される。おしゃれだがエコでなくもったいない気もする。
有田の作家作だと、合板を使ったテーブルやお盆などを使っている。
青山の木工小屋に使ったと同じ材質だ。最近の若者はこれがおしゃれだと
思っているらしい。時々モールでも使っているのを見かける。コスト的に
抑えられるし、いつまで店舗が続くか分からない場合等は即決しやすい。

ここで若い男性が自転車を置き台に乗せる場面に出会った。サイクリング用の
自転車にはスタンドがついていないからサドル部分を乗せて施錠するための
ものだという。ショップにはおいておあり、和歌山市内からのサイクリングを
勧誘している様子がうかがえる。高田からだと二時間かかるが和歌山や
近いようだ。自然が残され、古民家が多い土地柄だけに今後も若い人の
オープンが続くだろう。できれば木工、陶芸、ガラスなどギャラリーなども
増えれば楽しさが増すように思う。

くらとくり
和歌山県海草郡紀美野町西野685-4
電話073-499-5580
土日のみの営業 10:30-17:00
http://kuratokuri.wix.com/share

ジェラートkiminouka きみのうか
和歌山県海草郡紀美野町三尾川785-3
電話073-495-2910
http://kiminoka.com

岳人 がくじん
和歌山県海草郡紀美野町箕六372
電話073-495-3018
http://www.kimino.jp/gakujin/


和歌山県海草郡紀美野町坂本723-1
森のパン屋
土日のみの営業 11:00-17:00
http://morinopan.web.fc2.com/about.html