FC2ブログ

神戸ルミナリエ

リンデンにせがまれて神戸ルミナリエに一度だけ行ったことがある。
多分始まって2年目だったような記憶がある。
点灯を待って入場したのでその人の多さに驚き、
もみくちゃになりながら撮った雄一の写真がこれ。
構図など構ってられない。撮るだけで精一杯という印象だった。

神戸ルミナリエ

それから十数年経つと手にはハイビジョンカメラが・・・
デジカメに比べると何と楽か。

軽いしピントも光の調整も勝手にやってくれてしかも美しい。
光のルネサンスはデジカメではなく、ビデオカメラだけで
撮ることにした。

撮った動画は編集し、
ULTRA X'MAS misia
すてきなホリデイ 竹内まりや
サンタと天使が笑う夜 Dreams Come True
クリスマス・ラブ (涙の後には白い雪が降る) サザンオールスターズ
の4曲を重ねて、クリスマス用のPVに仕上げた。
プロ級の仕上がりだと自負している。

「ルミナリエ」はヨーロッパのバロック時代(16世紀後半、
ルネッサンス期)に盛んに創られた祭礼や装飾芸術の
ひとつとして誕生した、光の魅力を駆使した建築物が
その起源とされている。
やがてイタリア南部において電気照明を使用した幻想的な
光の彫刻に変化を遂げ、現在の形態になったものです。

さまざまなデザイン様式の木製アーチの構造体に
色とりどりの電球で彩色が施され、その設置デザインに
よって三次元的な芸術空間を創造するもので、
アーチ型構造体を道路上に設置した「ガレリア」と
呼ばれる遠近感のある回廊や、「スパリエーラ」と
呼ばれる光の壁掛けなどで構成されます。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)