FC2ブログ

岩手・北館製麺の舞茸そばとつゆ

  • Day:2012.07.13 21:00
  • Cat:料理
先日テレビで大橋巨泉が北舘製麺のそばを海外で
長期間過ごすときに愛用していると言っていた。
半生麺でこれほど蕎麦の味をうまく出している
商品はなかなか見当たらないと永年蕎麦を
食べてきた通人が言うのだから間違いない。
友人が遊びに来る時には土産に北舘の蕎麦を
リクエストしているそうだ。

株式会社飯田の企画を担当していた頃に、馳走づくしという
頒布会形式で、今でいう「お取り寄せ」を向こう一年分の
予約注文を聞くという紙上ショッピングをやっていた。

私が担当する前の人が千趣会にヒントを得て始めた
企画だったが、ことのほか好評で長く続いている。

少しマンネリにもなり、一度刷新したいとの思いから
岩手県産品だけでやってみたいと提案した。

関東では東北出身者も多くいろいろ販売されているが
関西では当時東北の、しかも岩手県のとなると
馴染みはすくなかった。

当時大阪駅前ビルにあった岩手県大阪事務所の
立花所長にお世話いただいて、麺類、魚、果物など
24種類の品を送料込み3980円で用意した。

岩手の北館そば

その中でとりわけ気に入ったのが、北舘製麺の
舞茸と新そばのセットだった。まだ雪国まいたけが
市場を席巻する前だったので舞茸そのものが大変珍しく、
しかもそばとの組み合わせは新鮮に写った。

関西はうどん文化、関東はそば文化といわれるように
関西人は年越しそばを年に一回食べる程度で普段は
あまりそばを口にしない。ましてや東北のつゆの色が
濃いタイプは好まないが、北舘のつゆは例外的に
おしかった。

頒布会が終わってからも。とくとく市で単品の袋物を
取り上げたりそばつゆの瓶入りを販売したりして
取引が数年続いた。

翌年になって関西市場に岩手県産品を広めて頂いたと
大層よろこんでもらい翌年には岩手県の生産工場を
見学するツアーにもご招待頂いたりもした。

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)