FC2ブログ

薪置き場の屋根が完成

柱だけ出来上がっていた薪置き場の屋根を取り付けた。
軽くて丈夫なポリカーボネートと呼ばれる透明の波板を
貼っていった。

有る人のブログでは透明のポリカが太陽光を通すので
乾燥させたい薪置き場におすすめだとあった。

確かに太陽が降り注ぐと俄然薪が明るく輝いて見える。
ここでしっかりと乾燥させておかないと薪ストーブでの
あのきれいなオレンジ色がでない。

南側の薪置き場 屋根取り付け

ポリカのサイズは660×1800なので半分の90cmに
カットし5枚を重ねると2スパンの屋根ができる。
傘釘を5山毎にトンカチで打ち付けると屋根が
完成した。

石窯のモルタル塗りはリンデンにお任せして、コナラを
薪サイズにチェーンソーでカットする作業をしていた。

3回ほど燃料を継ぎ足しては切っているうちに
だんだん切れが悪くなってきた。
いよいよチェーンを取り替える時期にきたようだ。

来週からはいよいよ石窯のレンガ積にかかる。
最初は今のレンガを半分の幅11cmにカットする
作業からとりかかるので、当分薪置き場の
作業へは戻れそうにない。

石窯の完成まではまだまだ時間がかかりそうだ。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)