FC2ブログ

石窯の煙突にダンパーをつける

  • Day:2012.07.19 21:00
  • Cat:石窯
リンデンが石窯で天然酵母のパンを焼きたいというので
ダンパーをつけることにした。

ピザだけだと煙突すらつけない石窯もあるようだが、
パンとなると余熱で20分近くかかるのでダンパーは
欠かせない。

ダンパーとは煙突の中に開閉式のプレートをつけることで
石窯の中の熱を保つためのもの。

小生はあいにく鉄の加工の術を知らないのでネットで
ダンパー付きの煙突を探すことにした。

幸い新潟のホンマ製作所に希望の商品を見つけたので
ラフな図面をひいて使えるか相談してみた。

半日ほどすると担当の方から電話を頂戴し、4つの煙突を
繋ぐことでダンパー付きの煙突が可能だときいた。

ただ、担当の方も本来薪ストーブ用の煙突を石窯に使う
というのは初めて聞く話といって驚いていた。

煙突と屋根の接点は火事にならないように不燃ボードで
さえぎる必要があるということや屋根から排煙口までは
1メートル以上離すことなど教わった。

色がシルバーの煙突だとグンと安くはなるのだが、
扉を黒で特注したので、煙突も黒で統一したいと
思い黒の煙突を4個繋ぐことにした。

肝心のダンパー部品は現在品切れ中で製作待ち。
2週間ほどかかると言われた。
合計で2万円ほどの出費になりそうだ。

石窯のレンガとの接合部分や、屋根の取り付け方法など
また新たな課題ができた。

当面はドームの石窯だけでスタートしようと思っているが、
保温がきかないようなら、さらに周囲をレンガで囲むとか
次の手立てが必要になってくるかも知れない。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)