FC2ブログ

ダイヤモンドカッターでレンガを半分に切る

  • Day:2012.07.22 21:00
  • Cat:石窯
耐火レンガを一面に敷いて石窯の焼き台が完成した。
いよいよドームの一段目に着工。

当初耐火レンガの長手とよばれる最も長い部分を石窯の壁に
使うつもりだったが、そうすると内径が75cmほどの小さな
ものになってしまう。

そこでダイヤモンドカッターでレンガをカットしていくことに
した。おなじみのビバホーム名張店でカッター本体と予備の
ブレード(刃)を2枚買っていたのでこれを使うことに。
使い方は今西工務店さんの作業を見ながら覚えた。

サイズは長手22cmのうちの半分の11cmと決めた。
一年以上前に購入していた耐火レンガは美濃地方(岐阜県)で
活躍していた陶器のための石窯を解体した中古品なので
欠けていたり、窯の内側は燃えて磨り減ったりしていた。
また外側は緑の苔がついていたりもしている。

そこで欠けているものを中心に40個ほど選別しカットしだした。
中には両面を切り落とすものもあり、一日目の午後と、二日目の
午前中費やして何とか40個が完成した。

石窯1段目のレンガ積み予習
カットした断面はデコボコがあったり不揃いなので、
ダイヤモンドカッターを這わすように、なぞるように
右から左へと何度も研磨すると平らな面が出来上がる。

とりわけ外から見える部分は丁寧に仕上げた。

次は耐火モルタルを敷いて組んでいく作業だ。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)