FC2ブログ

栃の一枚板のテーブル

  • Day:2012.08.30 21:00
  • Cat:商い
京都美山に古民家を再生してお昼を食べさせくれるきむらという
店があるので連れて行ってとリンデンからの要望。

美山でちりめん山椒を製造している京和楽の取材もかねて
行くことにした。
最初は夫婦二人で行った。その話をしたら友達の奥さんが
行きたいというので2回行くことになった。

昔の広間で食事を頂き、囲炉裏のある部屋でお茶を戴いたりと
なかなか普段では味わえない雰囲気に癒されてきた。

そこへ行く途中に天然の一枚板でテーブルやカウンターを
作っているお店のデモショップがあり覗いたがあいにく
定休日。裏に工場があるらしく外から覗いてみると高そうな、
大きな一枚板がたくさん立てかけてあった。
店名を控え時間電話をしていこうとなった。
店の名はカモノセログという。

栃の一枚板のテーブル

半年もしないうちに堺店のカウンターを用意する
ことになったので再訪が実現した。
工場で最初に目に留まったのが、栃の一枚板。とくに東京では
人気がありよく使われているという。
幅90cm、長さ2mのもので38万円だという。

予算オーバーなので20万円くらいで・・・というと同じ栃でも
少し枝の部分が傷ついていびつなものならその値段でいいという。

カウンターを取り付ける位置に鉄骨の柱があるので切り落とせば
ぴったりと納まるのでその一枚板をお願いしてきた。

商談中も納品が決まった板を従業員がサンダーで磨いている。
音がうるさいのでヘッドフォンをしている。
一枚の板を仕上げるのに2時間から半日かかるそうだ。

同じように磨かれた栃のテーブルが届いた。
この板目の特長としてピカピカと光っている部分がある。
これが多いほど高くなるという。

現在は、八尾店で伝票書きや高齢者が買物待ちの時に
かけてもらっているが
「一枚板よね、こんなテーブル欲しいわ」と
いわれた時にしてやったりと思っている。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)